無料の会員登録をすると
お気に入りができます

犬がウンチをする時に飼い主を見る心理4選

この記事では「犬がウンチをする時に飼い主を見る時の心理4選」をテーマに、ワンちゃんがウンチをする時に飼い主さんを見る際の心理についていくつか紹介します。

ペット

ワンちゃんがウンチをしている時に目が合ったことがどの飼い主さんでも今までに一度はあるはずです。
その時ワンちゃんはどのような気持ちなのでしょうか?

犬がウンチをする時に飼い主を見る時の心理1:褒めてもらいたい

ワンちゃんと暮らすとまず最初にトイレを教えるかと思います。おうちできちんとしつけをしていたら、ワンちゃんはいつも決められた場所でトイレをします。

しかし、おうちに来たばかりなどのまだトイレを覚えられていないときは、何度も間違った場所でしてしまうことが多いです。そんなときにトイレの場所を覚えて、決めた場所で上手にすることが出来たらきっとワンちゃんを褒めるはずです。

ワンちゃんは、飼い主さんに褒められることによって嬉しい気持ちになり、その感動を大きくなっても忘れないためウンチを決められた場所で出来た時に、また褒めてもらいたいという思いから飼い主さんの事を見るのかもしれません。

また、今までにワンちゃんがきちんとウンチを出来た時にご褒美を与えたことが一度はあるかと思います。ご褒美をもらいたいという思いからウンチの時に飼い主さんを見つめている場合もあります。

犬がウンチをする時に飼い主を見る時の心理2:警戒している

ワンちゃんがウンチをしているときは無防備な状態で、集中しているときには邪魔をされたくないと思っています。今までにウンチをしている時に、邪魔をされたことがあるワンちゃんは、また同じことをされないか周りの様子を伺いながらすることがあります。

心当たりがありいつもワンちゃんがウンチをする時に見てくる場合は、今後邪魔をしないようにして構う際は終わってからするようにしてください。

犬がウンチをする時に飼い主を見る時の心理3:食べたいけど怒られたくない

ワンちゃんは子犬の頃に食糞をすることが稀にあります。その状況を見て注意したことのある飼い主さんもいるかと思います。

注意されて怒られたという記憶からウンチをしてるときに飼い主さんの顔を見つめることがあります。

また、中には子犬の時だけでなく成犬になっても食糞をすることが直らずにそのまましてしまうワンちゃんもいます。

成犬になってもするということはワンちゃんの中で食糞をすることが日課になっていて、本当はしたいけど飼い主さんに怒られるからやらないという場合が多いです。

そのため、本来は食糞をしたいけど、怒られないか気になってしまいウンチをする際に飼い主さんの顔色を伺うようになったのだと思います。

犬がウンチをする時に飼い主を見る時の心理4:片付けて欲しい

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ