無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ラブラブなときほど油断禁物! 彼の気持ちがサーッと冷める瞬間5選

おつきあいが上手くいっているときって幸せですよね。でも、つい油断して不用意な発言をしたり、行動をとったりすると、一気に男性の気持ちが冷めることもあります。男性は、どんな瞬間に恋心が冷めてしまうのでしょうか?

2017年8月
恋愛・結婚

彼の本音、知ってる?

ラブラブな時期こそ要注意

付き合い始めた頃はマメにメールや電話をしたり、彼と過ごす時間は何をするにも新鮮で恋する気持ちでいっぱいですよね。

でも、付き合いが長くなればなるほど些細なことでお互いの嫌なところが目に付き、ちょっとしたことで喧嘩になることも。あんなに大好きだったのに、彼との別れは一瞬にしてやってくるようです。

安心感が裏目に出ることも

彼とは仲が良いから大丈夫♡と思うカップルもいることでしょう。でも、そう思っているのはあなただけかもしれません。

お互いに安心感がうまれやすいラブラブな時期は、不注意で彼を傷つけている可能性も?!大好きなのに悲しいお別れは避けたいですよね。そこで今回は、そんな男性の恋心が冷めてしまう瞬間についてご紹介します。

1.怒ることが多くなった

男性はプライドが高い生き物

お互いの愛が盛り上がっているときは見えなかった彼の欠点。苦手なことは正直に気持ちを伝えるべきですが、一方的に怒られてばかりでは、これまで自信を持って行動していた男性のプライドが傷ついてしまいます。

哀しい気持ちになったときは、しっかり怒った理由も沿えて彼に説明してあげると気持ちが伝わるかも。眉間にシワを寄せている彼女よりも、ニコニコ笑顔が多い女性のほうが一緒にいて男性も楽しいはずです。

2.束縛が激しくなった

2人だけの距離感を見つけて

彼から突然連絡が途絶えたり、素っ気なくされてしまえば多くの女性は不安になってしまうでしょう。だからといって、「今何してるの?」や「今すぐ会いたい」と極端に迫る言動は、重たいと思わせてしまうもの。

彼も友人や家族と過ごしたい時間もあると、理解できる大人な対応を見せましょう。でも、久しぶりに会った彼には「本当は寂しいんだよ?」と可愛く甘えられるギャップを魅せて♡ほどよい2人の距離が円満の秘訣です。

3.礼儀がないことを知った

言葉遣いや、常識外の行動にガッカリ

例えば、お付き合いの期間が長くなると彼の知人や家族、職場の上司や部下の紹介を受ける機会が増えてくると思います。その中で軽々しく友達口調だったり、挨拶が出来ない彼女を見てしまえば残念な気持ちに。

“親しき仲にも礼儀あり”という言葉があるように、横柄な態度や常識外の行動はタブー。自然と「ありがとう」「ごめんなさい」が言える女性は人としても素敵ですよね。

4.昔の話を不意に出してきたとき

「比べられても…」過去の話はNG

女性が何気なく話してしまう男性遍歴。本音としては、彼に嫉妬してもらいたかったり、自分の過去を知ってほしい気持ちだと思います。しかし男性は、もしかしたら前カレに未練があるのか?と勘ぐってしまうことも。

男性は本能的に「自分のものにしたい!」という独占欲が強いと言われています。「面倒くさいな」と彼から思われてしまう前に、彼に伝わりやすいヤキモチの方法を探ってみるといいでしょう。

嫉妬はチャンス♡大人女子がヤキモチをかわいく伝える方法

嫉妬してしまったとき、ついつい感情のままに彼に思いをぶつけていませんか?それでは彼の心が離れてしまうだけ。嫉妬したときこそ胸キュンさせるような、かわいい伝え方があるんです。
1271

5.女性としての魅力が下がった

スッピンも多くて、毛の処理もあまい…

付き合いはじめの頃は、男性の心を惹きつけるために彼好みのファッションや化粧をしたり、体重が増えないように運動をしたり、数々の努力を惜しんだはず。

長く一緒に居る安心感から「このくらい許されるだろう」という気の緩みは、男性はとても敏感です。何も完璧にする必要はありません。出会った頃と変わらないトキメキを保って、彼の心をがっちり掴んでおきましょう!

結婚しても、女ですから♡魅力溢れる女性でいる5つの秘訣

結婚をすると、主婦感が出て女性としての魅力がなくなる…?確かに生活感が出てきますが、それでも魅力的な女性はたくさんいます。そんな魅力溢れる女性でいるための秘訣をご紹介します。
1406

彼のことをもっと、知りましょう♡

いかがでしたか? お付き合いしなければ分からないことはたくさんあることでしょう。彼に冷たい態度を取られても、「こんなに好きなのに」「彼のこと全然理解できない!」と感情だけで動くのは勿体ないのです。

”彼氏”という枠にとらわれず、大好き人だからこそ、彼が彼女にされて嫌なことは、しっかり理解してあげて。相思相愛な時間を過ごしてくださいね♡

記事に関するお問い合わせ