無料の会員登録をすると
お気に入りができます

カップルはバランスが大事♡頑張りすぎないのが仲良しのコツでした

長続きするカップルは頑張りすぎをやめて、ほどよく抜けた部分があります。頑張ることと頑張らないこと、カップルにとっての頑張るバランスを解説します。

2017年7月
恋愛・結婚

“頑張りすぎない”恋愛のススメ

長続きするカップルになれるかも

長続きして別れないカップルというのは、“頑張りすぎない”ことを大切にしています。気をつけることと、気を抜くところのバランスが絶妙で、居心地の良いパートナーになれるのです。

そんな“頑張りすぎない”とはどういうことなのか、ついつい頑張りすぎるポイントと合わせて、具体的に解説します。

頑張りすぎるとどうなる?

恋愛に求めるハードルが高くなりすぎる

恋愛において頑張りすぎる行動とは、たとえば毎日のようにツーショットを撮って、SNSに投稿したり。彼のために家事をしたり、どんな用事よりも優先させたり、刺激的なデートを求めたり…。

本来の恋愛は「好き」と思うから一緒にいたいはずなのですが、頑張りすぎると「好き」と思うために行動するようになってしまいます。目的と手段が逆になってしまうんですね。

「好き」を証明するハードルが高くなりすぎて、自分もしんどく、相手も息苦しく、長続きしません。自分のためにも、相手と一緒にいるためにも、“頑張りすぎない”ことを目指してみませんか?

「四六時中愛して!」は無理

私は四六時中彼のことばかり考えているのに、彼は全然考えてくれない…。彼にも同じだけ愛してほしい!というのは無理です。

仕事に集中しなければならないときもありますし、一人でぼーっとしたいときも、男友達とぱーっと遊びたいときもあるもの。全ての時間をあなたのために捧げるというのは、不可能です。

一人の時間と二人の時間、どちらも大切に

彼が好きなら彼の時間も尊重してあげましょう。一緒にいる時間が長い分だけ愛情が深いわけではありません。あなたも一人の時間にしたいこと、できることを見つけましょう。

本当に愛情が深いパートナーは、一人の時間にふと「一緒に来たいな」「彼女が喜びそう」など考えてしまうものです。それこそ意識せずとも。一人の時間があるからこそ、二人でいるときもより大切にしたいと思えるのです。

記事に関するお問い合わせ