無料の会員登録をすると
お気に入りができます

自分も彼も傷つけないように。我を忘れない「恋愛セルフコントロール」術♡

恋愛中は自分をコントロールできなくて、相手を傷つけたり、自分も傷つきがち。モヤモヤするのも時間が勿体ないですよね。せっかくの魅力を磨く時間なので、楽しく過ごしてプラスになる恋愛にしたいもの。今回は、恋愛中のセルフコントロール術をご紹介したいと思います。

2017年7月
恋愛・結婚

恋愛すると、つい自分を見失っちゃう…

人を好きになる気持ちって何歳になっても変わることのないステキな感情ですよね。でも、大人になると少しずる賢くなったり、どうやったら人間関係を築いていけるかといった打算的な部分が身についてしまうのも事実。

それは、恋愛も同じ。相手を愛おしく思うと同時に、相手を憎らしく思うこともあれば、彼の周りの女性たちに嫉妬してしまうことも。恋愛には美しい感情と醜い感情の2つが存在し、どちらか一方だけでは成立しません。

ネガティブな感情に囚われて「自分ってこんなに嫌な奴だったんだ!」と知って落ち込む方も多いはず。今回は、この醜い部分の感情を自分で上手くコントロールして楽になる方法をご紹介したいと思います。

なぜ、醜い感情が出てくるの?

恋愛すると、相手に対して嫉妬や束縛、憎しみなどの感情がつきもの。特に女性の場合「私はこんなにあなたが好きだから、あなたも同じくらい、またはそれ以上私を想ってほしい」と無意識に感じやすい傾向にあります。

このように人を好きになったり、恋をするということは、限りなく自己中心的な感情でもあり仕方がないこと。恋愛は無償の愛ではなく、常に相手に対価や見返りを求めてしまいがち。

だからこそ、自分が思ったような態度や感情を表してくれないと、イライラしたり感情的になったりしてしまうのです。この感情をコントロールできるようになれば、彼にあなたが愛想をつかされることもグッと減ります。

不安とオサラバ♡ 心のコントロール術

1. ありのままの自分でいる

彼に対して不安を感じた時、その不安を抱え込んでどんどんマイナスなことばかり考えがちですよね。しかも、一人だけで悶々と考え続けても、いい結果が得られないことがほとんどのはず。

こんな時は、彼に自分の弱い部分を正直に見せて、不安を感じていると打ち明けることをおすすめします。なかなかできることではありませんが、このプライドは彼との仲を縮めるためには必要ないものです。

不安という自分の弱さをすべてさらけ出すことで傷つくこともあるかもしれません。でも、勇気を出して打ち明ければ彼への本気の気持ちを伝えることになり、自分を理解してもらう大きなキッカケにもなります。

不安は一人で抱え込まずに、彼とまた一歩近づけるチャンスと前向きに捉えてみてはいかがですか?不安を取り除いて楽になるための恋愛をやめて、彼とより分かり合える恋愛に発展させていきましょう。

2. 感情を隠さない

彼との関係は順調だけど、なんだかモヤモヤしていたりストレスが溜まっているような感覚に陥る方も多いのでは?これは、これらの感情に隠れた別の感情を理解されていないことが原因かもしれません。

例えば、彼に遅刻グセがあって毎回待たされるとイライラしちゃいますよね。遅れてくる彼に対して怒る気持ちはもちろんわかりますが「遅刻ばかりで自分を大切にしてくれていない」という寂しい気持ちが本音なのです。

人は、寂しいという隠れた感情をイライラすることでアピールしてしまいがち。ですので、自分で「何かイライラしてるな」と感じたら、相手にではなく自分に矢印を向けて隠れた感情を探してみるのがオススメ。

彼との仲を深めるには、イライラした時に自分の感情に目を向け、それを恥ずかしがらずに素直にさらけ出すこと。くれぐれも溜め込んだ感情を爆発させて喧嘩別れ、というもったいない選択だけは避けましょう!

3. 不毛な駆け引きをしない

自身の不安定さやエゴにとらわれてしまって、相手と駆け引きをしてしまうことも多いですよね。相手の何かが気に入らなくて、電話やメッセージをやめてしまうなんてことはありませんか?

そのことについて話をするのではなく、相手と話すこと自体をやめてしまうのは、あなたの身勝手極まりない行為といえます。駆け引きが続くと将来はおろか、あなたとの関係も面倒という気持ちが強くなってしまうかも。

付き合った後も恋の駆け引きを続けてしまう理由に、自信の無さが関係している場合も。彼に嫌われないか、浮気されないかと心配になり、自分に心を引き止めておこうと駆け引きをしてしまうのです。

彼にとって面倒くさい&プライドの高い女にならないためにも、まずは彼のことをあなたが丸ごと受け入れてあげること。大切な人と計算高く付き合う必要もなくなって、穏やかな幸せを感じられるはず。

4. 愛情コミュニケーションはマメにする

付き合いが長くなってくると「相手に言わなくてもわかる」とコミュニケーションレスになってしまうことも。特に「ありがとう」「愛してる」など相手を思いやる恋愛ワードはどうしても控えめになりがちですよね。

恋愛関係が長続きするカップルは、いくつになってもマメにコミュニケーションをとっているのが特徴的。愛情を感じる言葉をはじめ、アイコンタクトやスキンシップなど、常に新鮮な気持ちでお互いを大切にしています。

また、時には彼にサプライズをしたり、特別な時間を持ったりするなど、非日常の瞬間を作り上げることも重要。自分が一番という気持ちはあっても、相手を尊重する心がなければ関係が長続きするはずはありません。

5. たまにはスマホを放置する

彼のことが頭から離れない時って、自分のことも手につきませんし、待てど暮らせど来ない連絡にストレスがどんどん溜まります。これは、自分のための楽しい恋愛じゃなくて、自分の時間をなくすダメな恋愛の典型例。

彼のことを考えない時間を作るのに一番効果的な方法は「スマホを放置すること」。LINEの返信が来ない、連絡が来ない、電話に出ない、SNSをチェックする、彼の行動を監視するってストレスが溜まる一方です。

彼の行動を監視できても、彼をコントロールすることは不可能。また、彼を中心に行動すると、自分で判断できなくなったり、情緒不安定に陥ったりして精神バランスが崩れてしまいます。

会えない時間に相手を問いつめるのではなく、会えた時にお互いの過ごした時間を話せるほうが断然良いですよね。友達と遊ぶときもスマホは気にせず、自分の時間を満喫できればより女性としての魅力が上がりますよ。

恋愛依存から卒業しよう♡

恋愛において行き過ぎた嫉妬心や束縛したい気持ちを強くしても、彼もあなた自身も幸せにはなれません。ネガティブな感情を上手にコントロールしながら、二人だけの大切な恋愛を育むようにしてくださいね。

記事に関するお問い合わせ