無料の会員登録をすると
お気に入りができます

独りぼっちじゃないのに何故?孤独を感じたときの対処法6選

友達や恋人がいないわけではないのに、時々ふと自分は孤独だなと感じることはありませんか?孤独感に心が押しつぶされてしまわないように、上手に付き合う方法を知っておきましょう。

2017年7月
ライフスタイル

何故かわからないけれど孤独...

素敵な友人や恋人がいるにも関わらず、時々ふと寂しくなることはありませんか?その寂しさが心の中で大きくなってくると、何故か泣きたくなるぐらい悲しくなってしまいますよね。

大人になっても寂しがり屋だなんて...と思うかもしれませんが、こういった孤独感に苛まれるのは誰にでも起こること。ただ、その気持ちに飲み込まれず上手に対処する方法を覚えておけばいいんです。

ここではその方法をご紹介します。孤独感を受け入れて上手く付き合えるようになれば、おひとりさま時間も充実したものになりますよ♡

①紙に書いて頭の中を整理する

今の思いを全て吐き出して

「何でかわからないけれどすごく孤独で気持ちがモヤモヤする」という状態になったら、紙に今の気持ちを全て書き出してみましょう。自分だけが見るものなので、誰かに遠慮する必要はありません。

書いたものを見直してみれば、冷静に今の自分を見つめることができるようになるのではないでしょうか?それと同時に今の環境で嬉しかったことも書いてみると、少しずつ気分が明るくなりますよ。

②整理整頓をする

環境によって心が不安定になることも

潔癖症というほどではなくても、部屋が散らかっているとイライラしますよね。頭をクリアにするために、少し時間をかけて徹底的に整理整頓をしてみましょう。

片づけに集中していれば寂しさが紛れるだけでなく、清々しい気持ちになれるはず。少し気持ちがすっきりしたら、今やるべきことは何かを考えてみてくださいね。

モノを捨てられないんです。アラサー世代が今すぐ捨てるべき7つのリスト!

何を「捨てるべきか」「残すべきか」悩みますよね。今回は、仕事にプライベートに忙しいロカリ読者の方でも実践しやすい!「捨てるべき」「残すべき」リストをご紹介します。
2742

③好奇心を持つことを忘れない

孤独感に浸らないように心がけて

孤独や不安感を忘れさせてくれる感情が「好奇心」。もっと知りたい、やってみたいという気持ちが湧いてくると、部屋で塞ぎ込むよりも外に出たくなりませんか?

記事に関するお問い合わせ