無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ダイソーが「テント」を驚きの値段で販売 もはや100円ショップでは…

あのダイソーが、ついにテントまで販売。実際の使い心地と、アウトドア通な人々の意見を聞いてみたところ…

100yen

『ダイソー』では、100円ショップとは思えない本格的なアウトドア用品が取り扱われているとして、兼ねてからインターネット上で話題に。

ダイソー

これまで「メスティン」などが注目を集めてきたが、このほど、ついに「テント」まで販売された。しらべぇ編集部では、実際の使い心地を試してみるとともに、アウトドア好きな方々の正直な意見も聞いてみた。

■1,000円で買える“テント”

こちらが、現在ダイソーにて販売されている「クイックエクスパンドサンシェード」で、価格は1,000円(+税)。ここまでの品揃えやクオリティなど含め、様々な意味で、もはや“100円ショップ”ではなくなっている。

収納バッグ付きで、とてもコンパクトに収納でき、身長154センチの小柄な女性に持ってもらったところ、このような感じに。

関連記事:ダイソーで400円のスライサー 価格以上の機能がある優れモノだった

ダイソーで400円のスライサー 価格以上の機能がある優れモノだった

■ド素人でも超簡単に設営できる

テント本体が丸められた状態で収納されているワンタッチ展開タイプなので、開くとほんの数秒足らずでテントが組み立てられる仕組みだ。

固定するためのペグも4本付属しているので、こちらで四隅を固定すれば設営完了。テント設営を1度も経験したことのない編集部員でも、5分も経たずして組み立てることができ、この時点でもアウトドア初心者にはかなりオススメかもしれない。

■気軽なアウトドアでは使えそう

こちらは1人~2人用の大きさで、サイズは横幅144センチ×奥行き100センチ×高さ98センチ。大人1人であればある程度くつろぐことのできる広さがあった。

同商品について、ベテランキャンパーで、趣味で登山をすることもあるAさん(40代男性)は…

Aさん:こちらを実際に使っている人を見たことはありませんが、UL(ウルトラライト)スタイルの登山であれば、快適性という観点だけで言うと、使えないこともないと思います。シュラフとカバーがしっかりしていれば、ないより随分マシ。コストメリットしか見当たらないように思います。
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ