無料の会員登録をすると
お気に入りができます

男女ともに好感度もアップ♡「色気がある」と言われる仕草15選

「色気がある」女性にどんな印象をお持ちですか?「あざとい」とか「品がない」なんて思っていないでしょうか。本当に色気がある女性は上品で、男性からはもちろん、女性からの好感度も高いもの。そんな男女ともに評価が高い「色気がある女性」の仕草を解説します。

2017年8月
恋愛・結婚

色気は仕草からにじみでる

女性からも男性からも好感度アップ

大人の女性の色気について考え始める年頃。「色気を醸し出したい」と考えている女性もいるのでは?

とはいえ、あざといセクシーさは同性から嫌われます。そこで、女性から好かれる魅力を醸し出しつつ、男性を惑わせるような「色気がある」仕草をご紹介します。

色気のある女性の大前提

1.姿勢が美しい

「色気」とはほど遠そうな姿勢のお話。姿勢が良い女性というのは自信があるように見えます。自信がある女性は、人としても女性としても魅力的に見えるものなんです。

「私、姿勢が悪いかも...」と思っている人も多いのでは?姿勢が美しい女性というのは、ぱっと目につきやすいです。姿勢が良いと体のラインがハッキリ見えるので、実は女性らしさも演出できます。

女性からみるとカッコイイ、男性から見るとはっとする色っぽい存在になれます。姿勢の美しさは女性としての美しさのベースになるので、色気を作るための前提として押さえておきましょう。

2.清潔感は誰もが好きだから

あえて肌を見せない方が、そそられて色っぽいものなのです。肌を露出しなくても、上品さや清潔感が大人の色気のカギになるということ。

髪は艶やかに。肌はすっぴんから美しいと思わせて。動作がよく見える指先のケアも怠らず。メイクやファッションはあなたの清潔感をなくさない程度の主張に留めてみましょう。

清潔感があることも、あざとくない色気を作るための大切なポイントです。

定番の色っぽ仕草

3.髪をかきあげる

髪をかきあげたり、さりげなくうなじが見えてドキッとする男性が多いようです。いつも髪をまとめている、という人ほどチャンス。髪型が変わるだけでも雰囲気も変わり、ギャップを狙えます。

ただし、意識して何度も髪をかきあげるのは、あざとさが出てマイナスな印象を与えてしまいます。髪が顔にかかったときなど、本当に必要な時だけ行うようにしましょう。

デートなどでは、アップヘアよりも、ダウンヘアにすれば、髪をかきあげるチャンスも増えるでしょう。また、髪を揺らすとシャンプーがほんのり香るのも◎。

4.髪を束ねる・ほどく

シチュエーションによって、アップヘアとダウンヘアというように髪型を変えるのもドキッとさせるポイントです。

また、髪を束ねる、それをほどくという仕草も男性から見ると「色っぽい」と感じるようです。女性から見てもあざとすぎないので、さりげなく取り入れてみてはいかがでしょうか。

5.自然な上目遣い

上目遣いをすると、目が大きく、輪郭はシャープに見えるので、顔がより美しく見えます。自撮りするときに、少し斜め上から撮るとキレイに見えるのと同じ原理ですね。

上目遣いで見つめられると表情が魅力的に見えるので、色っぽいと感じさせることもできるようです。しかし、あまりにも意識しすぎると狙っている感が出てしまいます。そこで、自然に見つめるのがポイント。

小柄な女性であれば、男性と並んで歩くだけで自然と上目遣いになります。背の高い女性ならば、エスカレーターの下側にいる時や自分は座って男性が立っている時など、男性よりも低い位置にいるシチュエーションが◎。

6.クロスの法則

所作をクロスさせて行うと、色っぽく見えるのだそうです。たとえば、左側の髪をかきあげるなら、右手を使う。右耳にピアスをつけるなら、左手でつける。コップを取るなら、置いてある方向とは逆の手を使う。

脚を組んだり、組み替えたりというのも簡単にできるクロスの法則です。クロスを作ると、女性らしい柔らかなラインが引き立ち、男性は本能的に色っぽいと感じてしまうのだとか。

7.自然なボディタッチ

ボディタッチも男性はドキッとするのですが、やりすぎるとわざとだとバレてしまいます。そこで、必然的な結果で触ってしまったという状況を作りましょう。

「ここ、ホコリついてましたよ」と服のゴミを払い落とすとか、「襟立ってますよ」と直してあげるとか。あくまで爽やかに。意図していないときのボディタッチだから、男性はドキッとするはず。

簡単にできるテクニック

8.「ふぅ…」のためいき

女性の色気というのは“隙”から生まれる。簡単に隙を作れるのがため息です。いつもきちんとした女性の気の抜けた姿、いつも明るい女性のちょっとけだるそうな姿、というギャップが良いのだとか。

ただし、ため息しすぎると単純にやる気がない人に見えてしまうのでご注意を。

9.相手の目を見つめる・そらす

話しているときは相手の目をじっと見つめましょう。当たり前のことなんですが、相手の目を見て話していない時がありますよね。あざとくもないし、意中の人にはドキッとさせる効果が期待できますよ。

時折伏し目がちにして物憂げな表情を見せたり、ちょっと恥ずかしそうに目線をそらすなども、色っぽく見えます。目線であなたの印象を操りましょう。

10.揺れる物を身につける

揺れる物というのはつい目を奪われてしまう物。そこで、あなたのアピールポイントを引き立たせるような“揺れる”物を身につけると、魅力がより引き立ちます。

よくあるのは揺れるピアスやイヤリング。ネックラインやデコルテなど、女性らしいパーツが美しく見えます。フリル袖で華奢な腕をアピールしたり、フレアスカートでふわっと広がる柔らかさを見せたり。

ファッションやアクセサリーの“揺れる”ポイントを意識することで、あざとくない色気を演出できますよ。

“大人”を意識した色っぽ仕草

11.上品で柔らかな動作

年齢を重ねたからこその、大人を感じさせるような色気を意識することも大切です。大人になれば、上品さを忘れないことが大切です。

TPOに合わせた声のボリューム。脚は常にそろえて閉じていること。食べ方がキレイ。物を大切に扱う。などなど、上品な人は女性としての魅力もあるので、そこはかとない色気も醸し出せるのです。

12.指先を意識する

どんな動作でも手を使うことが多いですよね。そこで、手を使う時はいつも指先まで神経を使うようにしてみましょう。物を渡すときは両手を添えて指を揃えて、座っているときは指を揃えて手を重ねるとか。

指先の動きがしなやかだと、一つ一つの所作が美しく見えます。その美しさの延長に、上品な色気があるのでしょう。

13.低めの声で落ち着いて話す

高くて甘い声は「かわいい」という印象はあっても、「色気がある」とは思われません。同性から見るとあざといしぶりっこだと嫌われてしまいます。

大人であれば、いつもより少し低めの声を意識して、ゆっくりと落ち着いてしゃべること。ぐっと大人っぽく、余裕のある、それでいてドキッとするような色気もある話し方になりますよ。

14.ゆっくりとした身のこなし

せかせか動くと直線的に見えてしまいます。その中で、ゆっくりと丁寧な身のこなしをしている人は、ぱっと目に引きやすいのではないでしょうか。

特に動作の終わりがいい加減になってしまうことが多いので、最後まで丁寧にすることを意識しましょう。礼をしたら頭を上げるときもゆっくりしなやかに。ドアを閉めるときも優しく。

15.多くを語らずミステリアスに

自分のことを開けっぴろげにしすぎると、面白みがありません。同じ女性から見ると、好きアピールだとバレバレです。自分のことは多くを語らず、ミステリアスな女性になりましょう。

答えたくないことには、笑いながら「どうだと思います?」「内緒」と返すとか。無言でほほえむだけとか。相手の「知りたい」という気持ちを掻き立てられるのが、色っぽい女性なのです。

「色気がある」女性は魅力的♡

大人の色気を身にまとっている女性というのは、男性の心を引きつける魅力がありますよね。あざとすぎない仕草で、色気がある女性になりませんか?

記事に関するお問い合わせ