無料の会員登録をすると
お気に入りができます

見た目じゃない!「この子、品があるな」と思われる女性の言動・仕草13選

「品がある」。年齢を重ねた女性であれば、言われてみたいこの一言。ファッションやメイクなど見た目ではなく、言動や仕草に品の良さというのは現れます。そんな上品な人になる方法を学びましょう。

2017年7月
恋愛・結婚

「品がある」ってどんな女性?

さりげないことに上品さが現れる

大人の女性であれば、上品さを大切にしていきたいですよね。男性からも品の良い女性というのは好感度が高いです。大切なのはメイクやファッションなど見た目ではなく、言動や仕草。

なぜなら、見せかけではない、本当の品の良さというのは、さりげないところに現れるものだからです。そこで「品が良い」と思われる言動や仕草を学んでいきましょう。

今すぐできる上品レディ

1.はっとしてしまう姿勢の美しさ

歩き姿、何気ない座り姿、立ち姿が美しいと、上品だと感じられる。つまりは姿勢の美しさが重要。姿勢が良いと、女性らしい体のラインが際立ち、きちんとしている人という印象を持たれます。

背筋はピンと伸びている?顔が前に出ていない?脚を組んでどちらかに重心が偏っていない?座る時に足が開いていない?この項目をチェックして改善するだけでも、姿勢は良くなりますよ。

2.動作は“流れるように”

「上品だな」と感じる女性は所作が美しいもの。まるで流れるように動きます。大切なのは丁寧さ。一つ一つの動きを丁寧にすると、ゆっくりと物腰が柔らかい、美しい動作に見えますよ。

動いても音を立てないというのも品良く見せるポイントです。動作を“流れるように”見せるために、丁寧さを意識しましょう。

3.さりげなく口元を隠す

口元を隠す仕草も「品が良い」と感じられるようです。口を開けて笑うより、そっと手を添えて。食事で口いっぱいにほおばるよりは、口がもごもごしちゃったときに手で隠して。

驚いたときにも両手を口元に添えるだけでも、上品に見えます。

4.ほほえみが美しい

女性が大きな口を開けて笑うのも、明るく楽しい雰囲気になって、魅力的です。しかし、上品さを追及するなら口を開けすぎず、優しく微笑みましょう。

記事に関するお問い合わせ