無料の会員登録をすると
お気に入りができます

アドラー心理学を元に考える。揺るがない自分軸の作り方と人間関係の悩み解決法

人生のあらゆることについて回るのが「人との関係」。コミュニケーションが得意までいかなくても、せめて苦手ではないレベルにはなりたいものですよね。アドラー心理学を元に、誰に何を言われても揺るがない自分軸の作り方と、悩み別対処法をご紹介したいと思います。

2017年7月
ライフスタイル

「人間関係」の悩みから解放されたい…!

「職場の人間関係が面倒で…」「人と比較して落ち込む」「人付き合いが苦手」など、日々人間関係に悩んでいる人も多いのでは?高圧的な上司、気まぐれな同僚。私たちの毎日は、人間関係のストレスでいっぱいです。

“誰に何を言われても揺るがない!”といった「自分軸」があれば、これらの問題に振り回されなくなります。その考えを手助けしてくれるのが「アドラー心理学」。そこでアドラー心理学を元に、自分軸の作り方のコツを学んでいきましょう。

自分軸で生きること大事にするアドラー心理

他人に責任を押し付けていませんか?

例えば「お母さんが反対したから他の人と結婚したのに、結局離婚した。お母さんのせいで私は不幸になった!」というケースがあったとします。しかし、本当に好きな人を選ばなかったのは本人の選択ですよね。

「お母さんの言うことを聞いておいた方が喧嘩せずに済む」「確かに元カレよりも条件面が良かった」など何らかのメリットがあったとしても、それを棚に上げて責任転嫁する。似たような経験がある方はいませんか?

大切なのは「自分がどうしたいのか」

「あの人のせいで私がこうなった!」と他人を責めるのではなくのではなく、自分を作っているのは紛れもなく自分でしかありません。自分を幸せにするためには、自分がより幸せになれる選択をすることを意識すれば良いだけなのです。

どんな些細なことでも「私はどうしたいの?」と一つ一つ自分に問いかけて決めるようにすると、たとえ本意ではない結果になっても「私が選んだことだから」と責任を持てるようになります。その結果、他人のせいにする気持ちが生まれないので、心の負担が軽くなります。

人生において、最後まで味方になってくれるのは自分自身。様々な人が「ああしなよ」と口出ししてきても、彼らは責任をとってはくれません。だからこそ、自分ととことん相談して軸を作ることが大事なのです。

こんな時はこう対処!アドラー的問題解決法

人間関係の悩みと言っても色んなケースがあります。そもそも自分軸ってどうやって作るか検討もつかないという方のために「こんな時はこう考えてみては?」といった発想のコツを質問形式でご紹介したいと思います。

Q1. いつも他人と自分を比べて落ち込んでしまいます。

スマホでSNSをチェックしていると、休日に楽しそうに遊んでいる友人たちの写真を見ては「家に引きこもってたなぁ…私何やってんだろう」と落ち込む人も多いはず。

記事に関するお問い合わせ