無料の会員登録をすると
お気に入りができます

淡白な彼もムラッとする♡Hの最中に言うべき「女のセリフ」11選

エッチの最中は感覚も大事ですが、その感覚を高めるために大切なのが言葉です。男性の興奮度を上げられる、ドキッとするようなセリフがありました。

2017年8月

彼をもっと興奮させたい…♡

ベッドの中でささやく言葉が効果アリ

お互いの親密度が高まるセックス。ただ体の気持ちよさを求めるだけでなく、心から気持ち良くなるためには、言葉で伝えることも大切です。

そこで、男性がベッドの中で言われるとうれしいセリフをご紹介します。

1.ストレートに「気持ちいい」

思わずこぼれちゃった感がポイント

男性は回りくどい言葉よりも、ストレートに伝えてくれた方が響くようです。定番の「気持ちいい」は何度言っても効果的な言葉。

思わずこぼれてしまったように吐息混じりで「気持ちいい…」と言うと、リアルな雰囲気が出て彼も興奮度が高まるようです。「気持ち良すぎる」と言い方を変化させるのもGOOD。

2.常に彼を褒める

男性の自信をフォロー

お互いが盛り上がる前、最中、そして終わった後まで彼を褒め続けるのもポイント。男性として褒められることで自信になり、積極的に攻めてくれますよ。

彼の体を褒めたり、「キスがうまいね」などテクニックを褒めたり。良いと思ったポイントは、それを言葉にして褒めると彼も学んで、次からも上手に攻めてくれます。

終わった後も「気持ち良かった」「今日はすごかったね」と褒めて、後味の良いコミュニケーションにしましょう。

3.求めたいときは「もっと」

積極的な彼女にドキッ

彼に何かしてほしいときは「〇〇して」だけよりも、その前に「もっと」をつけるだけで、色っぽいセリフになります。すでに夢中になっているのに「もっと」と積極的に求める彼女に、彼もドキドキしてしまうそうです。

4.言葉を求める彼には実況

興奮しているなら恥ずかしい言葉もアリ

彼が言葉攻めを求めるタイプだと、どんなことを言えば良いのか困ってしまいますよね。しかし、セリフばかり考えて集中できないのは本末転倒です。

そこで、今自分や彼がどうなっているのかを実況すると◎。頭を使いすぎることがないので集中できますし、彼の興奮度もより高まります。

5.我慢できない「声が出ちゃう」

恥じらう彼女にキュン

場所によっては声を抑えなければならないときもありますよね。そんなときは吐息や声が漏れてしまいそうになるのを必死に我慢しつつ、「声が出ちゃう」と困ったように言いましょう。

気持ちよさを隠しきれない彼女に、男性は胸キュンしてしまうようです。彼のS心が刺激されて、ダメなのに声を出させたいと興奮度も高められるかも。

6.甘えたい時は「ギュッとして?」

心のスキンシップにも

ただ刺激的で気持ち良くなることを求めるのではなく、温もりを求めたいときもありますよね。それも言葉にして伝えましょう。

甘えるように「離れたくないな」「抱きしめて」「ギュッてして」なんて言ってみて。求められた彼は「かわいいな」と興奮度UP。普段はCOOLだったり落ち着いている人ほど、甘える姿のギャップがGOOD。

7.S彼氏には「好きにしていいよ」

恥じらいを忘れずに

Sな彼氏には「攻めたい」と思わせる言葉や仕草が大切です。身を隠したり、「恥ずかしい」と口にしたり。恥じらいを感じている女性を見て、攻める気持ちが燃え上がります。

その興奮が高まったところで「好きにしていいよ」。これで彼は興奮度MAX。積極的に攻めてくれるはずです。

8.M彼氏には「どうしてほしい?」

ゾクゾクするような攻め方もいい

Mな彼氏には、あなたが積極的になりましょう。まずは「どうしてほしい?」と彼に聞いてみて。「〇〇してあげよっか?」「〇〇されたいの?」といたずらっぽく微笑みながら続ければ、彼もゾクゾクするはず。

9.盛り上がったら「変になっちゃう」

まだまだ続行決定

彼の攻め方が良いときに「いい」と褒めることも大切ですが、本当に良くてあなたも夢中になっているなら、「変になっちゃう」「おかしくなっちゃう」など、それ以上の言葉を伝えるのも良いでしょう。

お互いに興奮しているなら、ちょっと乱れた言葉も彼を刺激します。まだまだ彼の興奮は止みません。

10.余裕なさげに「〇〇君」

もう名前しか呼べない

終盤でお互いに盛り上がって、言葉を発する余裕すらないとき。無言や吐息だけでも良いのですが、彼への愛しい気持ちを表すなら、ただひたすら名前を呼びましょう。

もう名前しか呼べないほど余裕がないと言うように。それでも名前を呼ばれた彼はゾクッとしてしまいます。

11.いろんな「好き」を織り交ぜて

愛のある行為だから

セックスというのはお互いの愛があってこそのコミュニケーション。だからこそ、愛を伝える言葉が大切です。「好き」とストレートに伝えられると、やはり彼はうれしいですし、興奮度も高まります。

「好き」はいろんな使い方ができます。彼のことを「好き」と言ったり。良いポイントを攻めてくれたときに「そこが好き」と伝えたり。終わった後に「大好き」と言って愛を深めたり。

いろんなバリエーションの「好き」でお互いの気持ちを盛り上げて、愛のあるセックスをしましょう。

二人で作り上げるものだから

セックスは二人で行うものです。彼に求めるだけでなく、あなたも積極的に取り組みたいこと。言葉でお互いの気持ちを盛り上げて、二人とも求め合う関係性を築きませんか?

記事に関するお問い合わせ