無料の会員登録をすると
お気に入りができます

オリジナルを超えた? 聴いたらうっとりしちゃう神業カバー曲25選

カバー曲は本人超えの作品もずらり。「これ気に入った!」となったら、1曲だけダウンロードできるのもお財布にうれしいですね。聴いたらうっとりしてしまうと評判の神業カバーを25曲一気にご紹介します。

2017年7月
ライフスタイル

好きな曲だけピンポイントにダウンロード

最近の音楽業界の傾向の1つに、過去の名曲をカバーして売り出す手法があります。もともとの曲は良いのだから、あとはアーティストの力量とアレンジの仕方次第です。

カバー曲は原曲を超えるものもゴロゴロ。今回は、素敵にアレンジされた神曲アレンジを一挙に25個ご紹介します。お気に入りはダウンロードしてみてくださいね。

1.女性歌手のカバー曲

A Thousand Miles(Alex Goot + Boyce Avenue )

ヴァネッサ・カールトンの『A Thousand Miles』をデュオで歌い上げて原曲超えをしたのは、アメリカ発カバーの天才アレックス・グート。一人でアレンジや演奏をこなしてしまう凄技の持ち主です。

Payphone (Alex G Acoustic Cover ft Jameson Bass)

アメリカの大人気アーティストMarron5の『Payphone』をしっとりと歌い上げたのは、アレックス・Gという女性。アップテンポなナンバーをバラード調に仕上げています。何度聴いても心地よい!

恋人がサンタクロース(Flower)

女性特有のかわいいボイスで『恋人がサンタクロース』をカバーしたのはFlower。E-girlsの妹分はかわいくて踊りも上手と人気も高し。

残酷な天使のテーゼ(MAX)

沖縄出身のダンスユニットMAXがエヴァンゲリオンのテーマソング『残酷な天使のテーゼ』をカバーしています。踊りながらこの曲を歌いこなすのはさすがですね。

雪の華(リン・ユーチュン)

中島美嘉さんの『雪の華』は世界中でカバーされているのですが、その中でもピカイチなのは、台湾の歌手リン・ユーチュンさんヴァージョン。完璧な日本語とハイトーンボイスで優しく歌い上げています。

みんながみんな英雄(AI)

フォークダンスの名曲『オクラホマミキサー』をカバーし、独特の歌詞をつけたのは、歌手のAIさん。『みんながみんな英雄』というタイトルで親しまれています。auソングとしても有名になりました。

元気を出して(島谷ひとみ)

実力派歌手として有名な島谷ひとみさんがカバーしたのは、竹内まりやさんの『元気を出して』。明るいハイトーンボイスは聴いていると心がほっこりしてきます。

いい日旅立ち(鬼束ちひろ)

山口百恵さんの代表作『いい日旅立ち』をカバーしたのは、鬼束ちひろさん。彼女の世界にどっぷりつかった雰囲気も悪くないですよ。

千本桜(和楽器バンド)

『千本桜feat.初音ミク』は、初音ミクちゃんが歌うボーカロイド曲です。電子音楽満載な原曲を和楽器バンドが和風にアレンジ。これが瞬く間に日本オタクの人に広まり、世界中で愛されるカバー曲になりました。

愛が止まらない(Wink)

伝説のアイドルデュオWinkは、外国のヒット曲をカバーして歌っていました。彼女たちのファーストヒット曲『愛が止まらない』は、カイリー・ミノーグの『Turn It into Love』なんですよ。

2.男性歌手のカバー曲

Just The Way You Are (Boyce Avenue)

ブルーノ・マーズの名曲『Just The Way You Are』をアコースティックギターとピアノでカバーしたのは、ボイスアベニュー。確かなボーカル力で心にジーンと訴えてきますね。

瞳を閉じて(絢香)

絢香さんがカバーしたのは平井堅さんの『瞳を閉じて』でした。どんな曲でも自分のものにしてしまうのはお見事!

今夜はブギー・バック(加藤ミリヤfeat. 清水翔太&SHUN)

東大卒の異色アーティスト小沢健二さんの『今夜はブギーバック』を加藤ミリヤfeat. 清水翔太&SHUNがカバーしたものです。切ない女性ボーカルの声が胸に響きます。

LALALA LOVE SONG(BENI)

久保田利伸さんの名曲『LALALA LOVE SONG』をカバーしたのは、実力派アーティストBENIさん。ハーフという特性を活かして英語でしっとり歌い上げています。おしゃれな都会派の女性ですね。

ラブストーリーは突然に(クリス・ハート)

クリス・ハートさんがカバーした『ラブ・ストーリーは突然に』は、小田和正さんのヒット曲。小田さんとはちょっと違う、優しさと深さを感じられるアレンジになっています。

どんなときも(青木隆治)

槇原敬之さんの『どんなときも』をカバーしたのは、ものまね界の新星青木隆治さん。カバー曲はモノマネになるかと思いきや、地声で歌われているようです。色々な声に化けられるからこそ、オリジナルというのは貴重です。

GANGNAM STYLE(Jayesslee )

アップテンポな曲で世界中を魅了した韓国人歌手PSYさんの『江南スタイル』。双子の女性たちがアコースティック調にカバーしました。原曲より良いという声多数ですよ。

3.グループのカバー曲

BOY MEETS GIRL(WORLD ORDER)

ロボットダンスが大人気のWORLD ORDERがカバーしたのは、TRFのヒットナンバー『BOY MEETS GIRL』。須藤元気さんが歌うメロディにメンバー全員で踊りまくっているMVが素敵です。

Dancing Queen(A*Teens)

ABBAを代表する曲『Dancing Queen』。往年のヒットナンバーは、A*Teensが元気よくカバーしています。若さ弾けるテイストもいい感じですよ。

白い雲のように(May J. withクリス・ハート)

有吉弘行さんが猿岩石時代に歌ってヒットした『白い雲のように』。藤井フミヤさんが提供したという実はすごい曲でした。あの名曲をカバーの女王May J.がクリス・ハートさんとしっとり歌い上げています。

HOWEVER(華原朋美)

カバーするというのは、自分の世界に原曲を引き込んでしまうこと。華原朋美さんはどんな曲も自分の歌にしてしまいますね。GLAYの『HOWEVER』が朋ちゃんワールド全開です。

ポニーテールとシュシュ(SNH48)

AKB48はアジアを中心に◯◯48を結成しています。その中の1つSNH48(上海48)は、『ポニーテールとシュシュ』を中国語でカバー中です。可愛い歌が更にかわいく聞こえるのは私だけ?

おどるポンポコリン(E-girls)

ちびまる子ちゃんのテーマ曲『おどるポンポコリン』をカバーしたのは、E-girls。原曲よりもポップでかわいい感じに仕上がりました。ダンスも真似して踊りたいですね。

め組のひと(倖田來未)

倖田來未さんがカバーしているのは、ラッツアンドスターの『め組のひと』。抜群のスタイルで歌いながら踊る姿も必見ですね。パンチある高音ボイスでかっこよく仕上がっています。

Good Time(Alex Goot & Against The Current)

オウル・シティとカーリー・レイ・ジェプセンのデュオが歌った『Good Time』もアレックス・グートが軽快にカバーしています。ボーカルパートナーを曲ごとに替えるのが彼流のアレンジなんですね。

カバー曲っていい感じ

アーティストにとって名曲をカバーするのは怖いことかもしれません。でも、チャレンジでもあります。オリジナルとは違った雰囲気の曲もぜひ聴いてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ