無料の会員登録をすると
お気に入りができます

マジで美味いと話題の「極上の卵かけご飯」 新鮮すぎる味にびっくり

手抜き料理研究家のはらぺこグリズリーさんが「極上の卵かけご飯」を投稿。実際に試してみると…

レシピ

卵かけご飯(TKG)といえば「シンプルかつウマい!」の代表ともいえる料理だが、「先に卵を混ぜる・ご飯と一緒に混ぜる」「醤油・だし醤油」などレシピはさまざま。

そんな卵かけご飯について、手抜き料理研究家のはらぺこグリズリーさんのレシピが反響を呼んでいる。

■「極上の卵かけご飯」が反響

試作で50個以上の卵を消費して生み出されたという「極上の卵かけご飯」。卵黄と卵白を分け、ひとつまみのだしの素、小さじ1の醤油と砂糖を卵白に入れて全力で混ぜ、ご飯に盛り付けて卵黄を乗せて完成というメニューだ。

「良かったら試してやってください…」との文言があったため、試さない手はないと感じたしらべぇ編集部は実際に作ってみることにした。

関連記事:「卵の殻を簡単に取り出す裏ワザ」がスゴすぎる たったこれだけで…

「卵の殻を簡単に取り出す裏ワザ」がスゴすぎる たったこれだけで…

■卵白を全力でかき混ぜる

レシピどおりに作っていく。記者の自宅の砂糖はきび砂糖のため、そこだけがレシピと異なる。

すべて投入したら1分30秒間、全力で混ぜる。唯一にして最大の苦労ポイントだ。しばらく混ぜ続けていると、やがて泡立ってくるためそのあたりを目安にすると良さそう。

そして、卵白をご飯にかけ、上に卵黄を乗せたら完成だ。

■「砂糖なし派」には新鮮!

卵黄を割って少しずつ食べるのもよし、一気にかき混ぜて食べるも良し。さて、気になる味は…

ダシが効いた醤油の中に砂糖の甘さが広がって確かにおいしい。記者はこれまで卵かけご飯に砂糖を入れたことがなかったため、かなり新鮮だった。思わず「な、なるほど…!」と口にしてしまうほど。ツイッター上でも「めちゃめちゃおいしかった!」「リピートしまくります」といった声があがっている。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ