無料の会員登録をすると
お気に入りができます

得したい人必見!冬物グッズの売り時一覧

ライフスタイル

片づけや掃除を早めに始めると、年末ラクになるだけでなく、不用品がよりお得に売れるというメリットもあるんです!冬物グッズは売り時を逃さず、賢く売っちゃいましょう。リサイクルショップやフリマアプリを使いこなして♪

10~11月までに【冬物衣料】

冬物が集中する前の11月中旬までに売るのが◎。

www.gettyimages.com

リサイクルショップでは、オフシーズンの衣類は引き取り不可の場合も。シーズン中でも、在庫が増えすぎると引き取ってもらえなくなるので、11月中旬までに持ち込むのがベスト!

人気ブランドほど早めに出すと売れやすい。
フリマの場合、人気のあるブランド服であれば、真冬でも売れます。ただし、時期が遅くなるほど値くずれしてくるので、高く売りたいなら年内に!

10~11月までに【クリスマスグッズ】

関連グッズは11月上旬までに。おもちゃは新品なら売りやすい。

www.gettyimages.com

リサイクルショップの店頭では、飾り用のグッズはイベント前が売りどきなので、持ち込みは11月上旬までに。プレゼント用のおもちゃは、新品であれば12月上旬でも売れるでしょう。

中古品なら状態をしっかり明記して。
中古のおもちゃやゲームソフトなども売れます。ただし、状態や箱のあり・なしなどをはっきり明記しておかないとクレームの対象になることもあるので注意して。

10~11月までに【ウインタースポーツ用品】

スポーツ用品専門のショップに持ち込むのがおすすめ。

www.gettyimages.com

スノーボードやスキー板は、一般的なリサイクルショップでは買い取ってもらえません。スポーツ用品専門のショップへ11月中に持ち込みを。3年以上前の旧モデルだと買い取り不可の場合もあります。

スキーウェアなら、シーズン中でも売れる。
板などは売れにくいかもしれませんが、ウェアはシーズン中でも売れる可能性大!ただ、その時期の天候にも左右される物なので、状況を見て出品しましょう。

12月中に【冬物家電】

年式が新しく、状態がよい物なら高額買い取りに。

www.gettyimages.com

リサイクルショップでは、年式が古く、状態がよくない物は引き取ってもらえないことも。粗大ごみの費用を節約する程度であれば、地元で引き取ってもらいやすい「ジモティー」に出品するのがおすすめ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ