無料の会員登録をすると
お気に入りができます

近くにきっといるはず!“付き合ったら幸せになれる”男性の見抜き方

恋愛・結婚

男性と付き合うなら、「自分のことを幸せにしてくれる人がいいなあ……」と思うのは自然なこと。でも、どんな男性を選べば幸せになれるのかは、なかなか分かりませんよね。男性には釣った魚(彼女)に餌をやって幸せにできるタイプと、釣った魚を放置して不幸にしてしまうタイプがいます。では、彼女になると幸せになれるのはどんな男性なのでしょうか?

■人をよく観察している

恋人同士といえども人と人。結局は人間観察がどのくらいできているかで、コミュニケーション能力に差が出ます。人を観察する能力に長けている男性は、相手の喜ぶことが分かるので、彼女になると幸せにしてもらえる確率が上がります。また、彼女が悲しむことも理解しているため、不安にさせられることも少ないでしょう。

■趣味が1つ

多趣味な男性は会話の幅が広く、話していると楽しいと感じますよね。ですが、多趣味ということはそれだけいろいろな物に目移りしやすく、飽きっぽい証拠でもあります。女性に当てはめて考えると、1人の女性を一途に愛するか、付き合っている彼女がいても別の女性に目が行ってしまうか。そう考えると、1つのことに集中して取り組む男性の方が、幸せにしてくれる可能性が高いことが分かりますよね。

■傷ついた経験を持っている

人は自分が失敗したり傷ついたりした経験があればあるほど、相手にも寛容になれます。自分が苦しんだのと同じ思いを、相手にはさせたくないと思えるからです。挫折した経験がない男性は、自分がいつも正しいと思いがちです。頼りがいはありますが、困ったときに一緒に悩んではくれないかもしれません。傷つくことが怖いと思っているくらいの男性の方が、彼女を優しさで包み込んでくれるでしょう。

いつも付き合う男が“ダメンズ”だという人は、一度男性の選び方を変えてみてはいかがでしょうか。意外と身近な人が、彼氏にするには最高の男性だったりするかもしれませんよ。

大山奏(おおやまかなで) 大学で心理学を専攻し心理カウンセリングを学ぶ。心理学を恋愛やライフスタイルに応用して楽しむ方法をいつも考えている。アロマテラピスト、カラーセラピスト、整体師でもある。多くの媒体で恋愛コラム、ハウツーを執筆中。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ