無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[お片づけ風水]捨てても本当に後悔しない?迷ったときに使える3つの基準

ライフスタイル

こんにちは。
人生を変えるお片付けアドバイザーでサンキュ!STYLEライターの上野景子です。
お片づけに風水をちょっとプラスして運気をアップする「お片づけ風水」を発信しています。

突然ですが、
片付けで大事なのは【順番】です。

「整理」を終える前に、収納をはじめたり、収納用品を買ってしまうと、自分にしっくり行かない収納になってしまったり、リバウンドにも繋がります。

いる or いらない?
使う or 使わない?

本来、整理とは2択という単純でシンプルな方法で進めます。
ただ2択だと、迷った時や決められない時に、つい「いる」「使う」モノとして扱ってしまいがちです。

ここが片付けが終わらない大きな要因のひとつだと思います。

ということで、今回は迷った時に使える3つの基準をお伝えします。

その1.替えが利くかどうか

また買えるかどうか?
また必要になったら、お金を払えば手に入るかどうか?

あまり出番のない「白いシャツ」を手放したとします。
もしまた必要な時が来たら、そこまで苦労することなく、白いシャツなら探すことができますよね。

同じ白いシャツでも、こんな場合は「思い出」に該当します。
・特別な人にもらった
・あの日(記念日とか)に着ていた
・アーティストのサインが入っている

思い出だけは替えが利かないので慎重に!

使っているものに限りますが、これじゃなくちゃ困るものが自分にとって必要なモノだと思います。

その2.貰ってくれるならあげたい

売れるなら売りたいと思う時も同じです。
誰かにあげてもいい、売ってもいいと感じる時点で、自分にはすでに必要ないと判断してください。

今使っていても、使っていなくても、「壊れていないもの」「まだ使えるもの」は、どうしても手放しにくいと感じてしまいます。

整理収納アドバイザーとしてお客さんと一緒に整理をしている時に、
「これは母親に貰ったので絶対に捨てられないんです」と言いながら、それを広げた瞬間に大きなシミを発見したお客さん。「もう捨てますね!」とすぐゴミ袋に入れてました。(はやっ!)

形がそのままのモノ、壊れていないものは手放しにくいと知っておくだけでも、整理の効率アップに繋がります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ