無料の会員登録をすると
お気に入りができます

他人の気持ちや場の空気がわかりすぎてツラい。「敏感すぎる性格」でも楽しく過ごすコツ

仕事をしていて何かと周りが気になって集中できなかったり、気分の激しい上司に自分の気持ちまで持っていかれてしまう。ひょっとしたら、それはあなたの敏感気質が原因なのかもしれません。今回は、そんな敏感気質についてご紹介したいと思います。

2017年8月
ライフスタイル

自分の周りがやけに気になってイライラ…

周りの人の気分にいちいち左右されたり、何気ない一言をいつまでもずっと引きずったりする。あなたにはこんな経験がありませんか?そのせいでうまく人間関係が築けなかったり、最悪体調まで支障をきたすことも。

もしかしたら、あなたの「敏感気質」が災いになっているかもしれません。「こんなことでストレス溜めているのって私だけかも…」と思いがちですが、意外と同じ様に悩んでいる人が最近増えてきているのだそうです。

なぜ「敏感気質」になってしまうの?

1. 情報察知力が高すぎる

なぜこんなに周りが気になってしょうがないのか。それは、様々な情報を処理する脳の働きが強いためと言われています。つまり、他の人なら軽くスルーできることも「これは大事な情報だ」とキャッチしてしまうのです。

この能力に優れていると、身の危険をいち早く察知したり、トラブルを回避したりなど、何かと得をすることが多々あります。しかし、時と場合によっては大変なストレスになることも事実。

情報をキャッチする能力が高いということは、それだけ脳がフル稼働し続けていて、情報が多ければ多いほど疲れてしまうというデメリットもあるようです。他人の言動の意味を深く考えすぎて頭がオーバーヒートする場合も。

2. 強い共感力を持っている

一昔前に「KY(空気読めない)」なんて言葉が流行りましたが、敏感すぎる人はまさにこの逆と言えます。人の心の動きにいち早く気づいて、きめ細やかな配慮をすることができるので場の空気を感じ取るのが上手です。

しかし、同時に他人の心や身体のトラブルなどにまで強く共感してしまいがちなので、心身がまいってしまうことも。「嫌いな人じゃないけど、あの人と話すとなぜか疲れる」という場合も、これに当てはまるでしょう。

敏感気質を逆手にとって楽しく生活するコツ

ここまでの話を読むと「敏感なタイプって生きにくいのかも…」とガッカリしてしまうかもしれませんが、過度な心配は無用です!仮に敏感だったとしても、特徴を逆手に取って楽しむ方法がたくさんあります。

自分だけに与えられた“特別なギフト”だと思ったら、少し気持ちが楽になるはず。あなたの個性を存分に活かしながら、毎日の暮らしをもっと明るくステキなものにするためのコツをご紹介していきましょう。

記事に関するお問い合わせ