無料の会員登録をすると
お気に入りができます

運動も食事制限も長続きしない! ちょっとした「習慣」で痩せやすい体をつくる方法

ダイエットしたいという気持ちはあるけれど、運動や食事制限は長続きしないのが悩みという方は多いですよね。辛い思いをしなくても、毎日のちょっとした習慣で痩せやすい体を作っていきませんか?

2017年8月
美容

痩せたいけれど、制限するのは疲れちゃう!

多くの女子が経験したことのある、ダイエット。痩せたいけれど、ジムに行って運動したり、ランニングなどのスポーツをするのは気が引ける…。食事制限もストレスが溜まって続かない。そんな悩みに直面したこと、ありませんか?

無理な運動や、食べるのを我慢するダイエット方法は、心身ともに負担が多く、長続きしません。だったら、日常生活に「痩せる習慣」を取り入れて痩せてみませんか?

食事制限なしで痩せる!

食べることが好きな人にとって、食事制限は辛いものですよね。また、無理な食事制限はリバウンドもしやすいので注意が必要です。食事制限なしでも痩せる習慣には、どのような方法があるのでしょうか。

①起き抜けには白湯を飲む習慣

朝起きたら白湯を飲む習慣の女優さんやモデルさんが多いですよね。起き抜けに白湯をじっくり時間をかけて飲むと、内蔵が温まり、血行が促進されます。血行が促進されると代謝がUPし、痩せやすい体になります。

www.pexels.com

また、朝食前に白湯を飲むことで、満腹中枢が刺激されて、朝食の食べ過ぎを防ぐことができます。

②食べる順番に気をつける習慣

好きなものを食べるときに、順番に注意してみましょう。まず初めに汁物→野菜・海藻類→タンパク質→炭水化物と流れを作って食べていくと良いとされています。

www.pexels.com

最初に汁物を先に摂ることで、満腹感が得られます。そして野菜や海藻に含まれている食物繊維には血糖値の上昇を抑え、脂肪の吸収を抑えることができます。そして血糖値が上昇しやすい炭水化物は一番最後に食べます。

③外食よりもお弁当持ちの習慣

ランチは何を食べていますか?外食は、高脂質・高カロリーで野菜不足に陥りやすいのが難点です。作る手間はかかりますが、お弁当を持っていった方がダイエットになります。

週末に作り置きしたり、夕食を少し取り分けておけば、毎朝お弁当作りにバタバタしなくて済みます。どうしてもお弁当作りが大変な場合は、サラダ+おにぎりのように簡単なメニューでも良いですよ。

お弁当で痩せる♡低カロリーで簡単な「作り置き」おかず20選

簡単でお金も節約になると評判のお弁当ダイエット。毎日作るのは大変ですが、低カロリーなおかずを作り置きしておけば手間も省けて続けやすくなります。そこで、作り置きOKなお弁当おかずを主菜から副菜までまとめてご紹介します。
14629
記事に関するお問い合わせ