無料の会員登録をすると
お気に入りができます

理解すればわかり合える!男と女の考え方の違いを徹底解剖

女性と男性では考え方が違っているとはよく言われていますが、実際のところどう違うのでしょうか?違いを知れば、より深くわかりあえるかもしれません。

2017年8月
恋愛・結婚

解決策:“前置き”をしてから行動する

男性には、行動や言動の前に“前置き”をすると伝わります。たとえば愚痴ならば「ただ聞いてくれる?」とか、アドバイスが必要なら「意見が欲しいんだけど」と言うように。

男性は相手のために、どうしたら良いのか真剣に考えながら話を聞いてくれます。どういう意図の話であるのかを先に伝えれば、どう聞けば良いのかわかるのでありがたいのです。

同じように、他の行動も何が目的なのかを前置きしましょう。買い物の場合なら、「私ここのお店をじっくり見たいんだけど、あなたはどうする?」なんていうように。

2.男性は挫折、女性は拒絶を恐れる

恐怖の対象も男女それぞれ

男性は「できない」という挫折を恐れます。それは、どんな行動にも目的を求めて、それを達成したいと考えるからです。やり遂げられなかったり失敗すると、敗北したような気持ちになり、とても傷つきます。

一方女性は、「いらない」という拒絶を恐れます。女性は人間関係を大切にするもので、孤立を恐れるからです。拒否されてしまうと自分の存在意義が失われてしまうように感じてしまいます。

解決策:男性のプライドを大切にして

男性に対しては「そんなこともできないの?」「私の方ができるじゃん」など、“できない”ことを指摘するような発言は絶対NG!女性以上に傷ついてしまいます。

女性が拒絶されるとつらいように、男性は挫折を嫌がるのだということを認識して、そのプライドを尊重しましょう。

3.男性は一人で悩み、女性は聞いてほしい

男性は悩みがあると、1人になって考えたいと思います。その方が脳が整理されて、意味や目的をちゃんと見つけられるから。脳をたくさん使うため、ボーッと脳を使わないことでストレス解消したがります。

一方、女性はつらさや苦しみを共感してほしいので、悩みを誰かに聞いてほしいと思う人が多いです。感情を吐き出すことがストレス解消になります。

解決策:そっとしておいてあげる時間も愛情です

彼に「1人にしてほしい」と言われると、拒絶されたようで落ち込んではいませんか?しかし、それは拒絶ではなくて、彼の中でじっくりと考えたいだけの発言なのです。

記事に関するお問い合わせ