無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「一汁三菜」が綺麗の元。簡単美味しい“副菜レシピ”12選

綺麗になりたい、不調を失くしたい。それなら「一汁三菜」を取り入れて食生活を整えてみませんか? ここでは「一汁三菜」を実践するのに役立つ、簡単で美味しい副菜のレシピをご紹介します。

2017年8月
レシピ

綺麗になりたいなら、基本に戻ってみよう

「一汁三菜」を取り入れてみよう

糖質制限やローフードなどさまざまなダイエット方法が溢れている昨今。何を試してもあまり効果がなかったという方は、一度基本に戻って健康的な身体を手に入れることを目指してみませんか?

Media?size=l
instagram.com

日本人が昔から取り入れてきた、汁物を1品、料理を3品(主菜1品、副菜2品)という「一汁三菜」スタイルなら、欧米寄りの食事よりもずっと栄養バランスの良い食事ができます。不調が改善できると言われている食事法です。

空腹感を軽減させくれる「お米」

ダイエット中はお米を敬遠しがちですが、体にとって必要なエネルギー源であり、適量さえ守れば急激に太るようなことはないでしょう。

Media?size=l
instagram.com

そこで今回は、「一汁三菜」に取り入れたい副菜のレシピをご紹介します。副菜をささっと2品作れるように簡単なレシピを集めてみました。ぜひ参考にしてみてください。

「一汁三菜」に使える副菜レシピ12選

①しめじと水菜のさっと煮

oceans-nadia.com

出汁を効かせたシンプルで食べやすい煮物です。味の染みた油揚げが良いアクセントになっていますよ。煮込む時間が短くあっという間に出来上がります。

詳しいレシピ

②キュウリと長芋のごま梅おかか

oceans-nadia.com

食感のよいきゅうりと長芋を使った箸が止まらないヤミつきおかずです。さらにラー油を加えれば、ピリッと辛い大人な味わいに変身します!お酒にも合いそうです。

詳しいレシピ

③高野豆腐とほうれん草の煮物

cookpad.com

保存の利く高野豆腐を使った、じゅわっと美味しい一品はいかが?ほうれん草と卵を加えて、栄養満点の副菜に。優しい口当たりです。

詳しいレシピ

④牛肉とレンコン、舞茸のしぐれ煮

oceans-nadia.com

白ご飯によく合うしっかり味のしぐれ煮は、常備しておいて損はないですよ。お弁当のおかずにも最適。唐辛子を加えてアレンジをすれば、ピリ辛の味わいも楽しめますよ。

詳しいレシピ

⑤簡単きんぴらごぼう

cookpad.com

きんぴらごぼうは定番だからこそ、しっかり美味しく作りたいですね。お好みの味付けを見つけてみましょう!鷹の爪を加えると、深みが出て飽きのこない味わいに。

詳しいレシピ

⑥簡単ブロッコリーおかか和え

cookpad.com

味付けはマヨネーズと麺つゆだけ!誰でも美味しく作れちゃうブロッコリーの大量消費レシピです。かつおぶしのいい香りが食欲をそそります。

詳しいレシピ

⑦なすのササッと煮

oceans-nadia.com

家庭の定番メニュ―としても覚えておきたい、なすの煮びたしレシピです。シンプルですがこの味が好きという方も多いはず。冷やしても美味しく食べられますよ!

詳しいレシピ

⑧わかめとかにかまの酢の物

oceans-nadia.com

和食屋さんでも欠かせない酢の物も、わかめとカニカマを使えばお手軽に作れますよ。たっぷりのお酢で疲労回復効果も期待できそうです。

詳しいレシピ

⑨白菜と薄揚げのこっくり旨煮

oceans-nadia.com

白菜と油揚げを使ったお財布にも優しい副菜です。ほっこり優しい味わいで無限に食べられてしまいそう♡他にも冷蔵庫に余っている野菜などを入れてアレンジしても◎

詳しいレシピ

⑩ひじきの和風ポテトサラダ

oceans-nadia.com

食物繊維たっぷりのひじきは、定番のひじき煮以外にもサラダに加えたり、野菜と和えたりといろいろなレシピに使えます。しっかり味の和風ポテトサラダは絶品ですよ!

詳しいレシピ

⑪豆腐とアボカドのなめろう

oceans-nadia.com

アボカドを使ったちょっぴり今風な副菜も、たまにはいいかもしれません。味噌を加えることでコクをアップさせています。ミョウガや大葉をたっぷり混ぜていただきましょう♡

詳しいレシピ

⑫簡単キャベツもみもみ

oceans-nadia.com

たっぷりのきゅうりとキャベツの食感で、箸が止まらないおかずレシピです。簡単なのに間違いのない味に仕上がりますよ。常備しておくと便利です。野菜不足を解消したいときにもおすすめです。

詳しいレシピ

食べたもので身体はできている

Media?size=l
instagram.com

あなたも「一汁三菜」を実践して、内側から綺麗を目指してみませんか?副菜2品のレパートリーを広げておけば、そう難しいことではありません。ご紹介したレシピをぜひ活用してみてください。

記事に関するお問い合わせ