無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「寝た気がしない…」の原因は?眠りの質を上げる枕を探しました

きちんと睡眠を取っているのに疲れが取れない、肩こりする……。どうにかして睡眠の質をあげたい! と注目されるのが「枕」です。しかし、ニトリや無印良品、Amazonなど、ブランドも製品も多く、どれを選べばよいかわかりません。そこで今回は睡眠のプロが自分の頭の高さに合わせられる「高さ調整枕」22製品を徹底的にテストして、快眠できる枕を探しました!最高の枕の選び方もランキング結果とあわせてご紹介します。

インテリア

仰向けから横向きに寝返るとき、高い位置に頭と首を持っていく必要があるため、スムーズに寝返ることが難しいです。横向きから仰向けに戻るときは首が落ちるような感覚がありました。

▼横向きの寝心地:△

頭を支える部分が狭く、包み込まれるフィット感がほぼ感じられません。さらに、幅が狭いことで少しうつ伏せになるだけで枕から落ちてしまう可能性があります。

シートの有無で高さを変えるタイプ。対応幅は5~4cmと狭く、首の高さが高めの人にしか対応できません。

シートの有無で高さを変えるようになっています。出し入れ口は広くラクにできます。

moonmoon
ザ・ホテルピロー GOOSE
実勢価格:1980円
サイズ:W60×D40cm
主な中材:グースフェザー

▼総合評価

寝心地
B


通気性
C


耐久性
C-


調整
B

▼各テストの詳細
[寝心地テスト]
仰向け:○
寝返り:△
横向き:○

[通気性テスト]
20分後:36.96℃
40分後:39.00℃

[耐久性テスト]
測定前:162mm
振動直後:84mm
12時間後:109mm
復元率:67.3%

[調整テスト]
仰向け:○
横向き:○
手間:△

moonmoon「ザ・ホテルピロー GOOSE」は、ふわふわ感があり大きく沈み込みますが、それが裏目に出てが寝返りがしにくいという結果になりました。へたり具合も大きく耐久性では最下位となってしまいました。

計測前の高さ:162mm
12時間後の高さ:109mm
放置後マイナス54mmまでしか戻らないという結果に。5分間の振動でもかなりへたってしまい、戻すにも手間がかかる製品でした。

以上、高さ調整ができる枕ランキングBEST22をご紹介しました。ぜひこちらを参考に最高の睡眠を手に入れてくださいね!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ