無料の会員登録をすると
お気に入りができます

賢い大人の女性は知っている!ケンカ後の上手な謝りかた

彼や旦那さんとケンカをした時仲直りしたいのにうまく「ごめんね」が言えない…なんて経験はありませんか?そんなときに知っておきたい上手な謝りかたをご紹介します。

2017年8月
恋愛・結婚

「ごめんね」って素直に言えない…

謝り方が上手なら関係も良好に

ケンカをして自分が悪いとわかっていても、「ごめんね」と素直に言えないという方もいるのではないでしょうか?素直に謝れたほうがもやもやすることもなく、気まずくなることもありません。

そんな謝るのが苦手だという方へ、上手に謝る方法をご紹介します。

まずは自分の気持ちを整理

怒りをクールダウン

謝罪はできるだけ早いほうが良いです。しかし、ケンカをして怒りがあふれていると、必要のないことまで怒ってしまうことがあります。言い方が気にくわないとか、過去のことまで持ち出して延々と説教するとか。

謝りたいと思うためには、まず怒りを収める必要があります。彼と物理的に距離を取って、一人で気持ちを落ち着かせて、心を整理してから謝罪しましょう。

過ちを認める

謝るというのは、自分の過ちを認めた上で成り立つこと。「彼だって悪いところがある」かもしれません。しかし、あなたも悪い部分はあったんですよね?

それならその過ちを認めましょう。まずは間違いを認めることが、本当の反省や誠意につながります。

彼の好きなところを思い出す

謝りたいとなかなか思えない人は、彼の良さを思い出してみましょう。彼を好き、尊敬する、信頼するという気持ちを再確認できるはずです。このケンカでそんな大切な彼を失って良いのかなと考えてみましょう。

それが「NO」ならあなたには彼が必要です。それならば、謝って関係を修復したほうがあなたのためにもなりますよね。大切な彼を傷つけたと実感すれば、本当に「申し訳ない」という気持ちを感じるはずです。

謝る前に自分の反省点を考える

記事に関するお問い合わせ