無料の会員登録をすると
お気に入りができます

賢い大人の女性は知っている!ケンカ後の上手な謝りかた

彼や旦那さんとケンカをした時仲直りしたいのにうまく「ごめんね」が言えない…なんて経験はありませんか?そんなときに知っておきたい上手な謝りかたをご紹介します。

2017年8月
恋愛・結婚

言い訳してごまかす

過ちを説明するときに、理由を説明しようとして言い訳がましくなってしまうのもNG。「でも…」「それって…」と言い訳をすると、自分を正当化しているようにしか見えないので気をつけましょう。

責任逃れ

自分が悪いと理解していても、自分だけが悪いわけではないとどこかで思っていませんか?そう思っているとつい、言葉にも「私だけが悪いんじゃないし」「私を怒らせるあなたも悪い」と出てしまうものです。

たしかにお互いに悪い部分があるのかもしれません。しかし、自分が謝るときに相手が悪いかどうかは関係ありません。まずは自分が謝ること。相手への不満はそのあとに話し合いましょう。

とりあえずの「ごめんね」

相手の怒りを鎮めるために、とりあえず「ごめんね」って言っておけばいいや、なんて思っていませんか?いい加減な謝罪に誠意がないことは、相手にも伝わります。

その気持ちが怒りをエスカレートさせて、あなたも「あーはいはい、ごめんなさいね」「ごめんねって言ってるじゃん!」なんて逆ギレしてしまったら最悪です。反省する気持ち、謝りたい気持ちを忘れずに。

謝り上手な人って賢い♡

Photo by Matt McK / Unsplash

意地を張って謝りたくないというのは、関係を悪化させてしまうだけ。素直に反省して、謝れる人の方が賢いものです。上手な謝り方を身につけて、これからも良好な関係を築いていけるようにしませんか?

記事に関するお問い合わせ