無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「よく鳴く猫」と「あまり鳴かない猫」に見られる違いとは? 過剰に鳴く場合は心配なことも

ペット

猫は「よく鳴くコ」と「あまり鳴かないコ」に分かれると思いますが、それぞれどのような傾向が見られるのでしょうか?

この記事では、よく鳴く猫と鳴かない猫の違いについて、ねこのきもち獣医師相談室の先生が解説します。あまりに過剰に鳴く場合には、不調の可能性もあるのだとか…くわしく見ていきましょう。

「よく鳴く猫」と「あまり鳴かない猫」の違いってなに?

cat.benesse.ne.jp

猫の性格は、さまざまな要素によって決定されます。よく鳴く猫なのかどうか、どんな鳴き方をするかで、そのコの特徴を判断するのは難しいことです。

しかし、「鳴き声に猫の気持ちが表れている」と考えると、ふだんどのような鳴き方をするかで傾向はわかるでしょう。

飼い主さんのお世話が行き届いていると、あまり鳴かない傾向に

cat.benesse.ne.jp

たとえば、ふだんあまり鳴かない猫はおっとりした性格であることが多く、飼い主さんと一対一で暮らすコに多い傾向があります。

これは、日頃から飼い主さんのお世話が行き届いていて「これをしてほしい」と訴える必要がないため、あまり鳴かないのではないかと考えられます。

猫は基本的に、単独で行動する動物です。子猫のときや繁殖期などの特別な時期を除いて、鳴き声で気持ちを伝えるということは稀なことなのです。

あまり鳴かない猫は、たとえお世話が行き届いていても、ほかのことで要求があることがあります。その場合は飼い主さんのことをそばで見つめたりして、それとわかるように伝えてきます。

「愛猫がなにを伝えたいと思っているのか?」を飼い主さんが推し量って、対処してあげましょう。

よく鳴く猫は、「要望を叶えてほしくて」訴えている傾向がある

cat.benesse.ne.jp

お世話を必要とする飼い猫の場合、飼い主さんに自分の要求を叶えてもらう手段として、鳴いて訴えます。

ごはんが食べたくて鳴いているのか、トイレをキレイにしてほしくて鳴いているのかなど、さまざまあるでしょう。どんな状況で鳴いているか、鳴き声の大きさや長さ、高低からある程度わかると思うので、対処してあげましょう。

猫の要求に対する飼い主さんの応え方は?

鳴いて気持ちを伝えてくる猫や、見つめることで気持ちを伝える猫に対して、飼い主さんは少し高めのやわらかい声で返事をしてあげたり、笑顔を返してあげると、猫が安心して愛情が伝わりやすいです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ