無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[カルディ]新米の季節におすすめ!ご飯がすすむ浅漬けの素

グルメ

裏の説明書きによると、大根以外は、漬け込み時間はたったの1〜2時間でよいそうです。
また、漬け込む具材によって、水を加えたりすることも書いてありました。

ということで、余っているもう1パックで、茄子、ミニトマト、モッツァレラチーズを漬けてみました。

下の画像は一晩置いたものです。
あまり変わりばえはしませんが、水分が出ているのがわかりますね!

器に移してみました。
まずは大根、茄子、トマトから。
袋を開けると、ふわ〜とまたまたいぶりがっこの燻した香りがしてきます。

そして気になるモッツァレラチーズ。
チーズ自体がいぶりがっこと相性がよいので、これは期待大。
おいしそうな軽い薫製の色になっていて、これは夜のおつまみによさそうです。

ということで新米と一緒に実食!

食欲そそる燻した香りがたまらなく、ごはんはあっという間に2杯目へ(笑)。

気持ち甘めですが、しょっぱすぎずでごはんにピッタリ!
手間をかけなければできないであろういぶりがっこが、「いぶりがっこ風」でも手軽に楽しめるのはクセになりそうです。

白米好きのかた、お漬物好きのかた、お酒の新しいおつまみをお探しの方、ぜひ一度試してみてくださいね。

本日のおまけ♪

上記にも出てきた、【袋から空気を抜く】ってなかなかむずかしいと思ったことありませんか?
ふつうに手で抑えても抜ける量って限界がありますよね。

そこで!
この空気を簡単に抜く方法をご紹介します。

ボウルに水をはり、その中に口を開けたままの袋を入れて、手でぐ〜っと袋を底に沈めます。
※袋の口から水が入らないよう注意してください。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ