無料の会員登録をすると
お気に入りができます

無印良品、フランネル素材の秋冬マスク オシャレだが着用時には注意点も…

無印良品が展開する秋冬マスク3種の中の『繰り返し使える 2枚組マスク フランネル』をレビュー。気になった部分は…

ライフスタイル
無印良品は10月中旬から、秋冬商材の衣料品を生産した際に出るオーガニックコットンの残布を再利用した布マスク『繰り返し使える 2枚組マスク』を店舗限定で販売している。

コーデュロイ、裏毛、フランネルの3種類を展開しているが、記者はフランネル素材を購入。良かったところ、気になったところ含めてレビューしたい。

■チェック柄がオシャレ!

無印良品で販売されているフランネル素材のチェックシャツそのままの見た目。記者が買った店舗ではこの柄のみが販売されていたが、デザインは6種類展開されている。

柔らかな肌触りだが、フランネル素材ということもあり、やや毛羽立っているのが特長。なお、衛生的に使えるよう抗菌防臭加工が施されているとのこと。サイズは横17.5cm×10cmでフリーサイズのみ。手洗いで30回ほど使用できる。

ちなみに、こちらが裏面。表と裏どちらもチェック柄のため、着用する際はヒモの付け根部分で判別しよう。

鼻部分にはノーズワイヤーが入っている。

関連記事:カインズのマスク、愛用者が多い理由 一般的な不織布マスクと違い…

カインズのマスク、愛用者が多い理由 一般的な不織布マスクと違い…

■裏表はしっかりとチェック

マスクを着用する際には表裏を間違えないように注意してほしい。この写真のように、ヒモの付け根が見えて、ノーズワイヤーが上部分にあって、プリーツの溝が下を向いている面が表面(外側)だ。

■サイズとチクチク感に要注意

正しく着用すると、このような感じになる。ノーズワイヤーがあるため鼻の部分はぴったりとくっついているが、一般的な布マスクより分厚いフランネル素材ということもあってか、頬部分には若干のスキマができる。

正面から見るとこのような感じに。公式サイトには「顔をしっかり覆えるよう大き目サイズにしました」と記載されているが、男性記者が着用しても「やや大きい」という印象。女性や子供が着用するときは注意が必要だ。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ