無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「横顔美人」と言われたい♡ 小顔効果や凝りをなくす最強エラほぐしマッサージ

小顔の友人と撮った写真を目にする時、自分の顔の大きさと比べてガッカリすることはありませんか?大顔になってしまうのは、エラ張りが原因かも!? 今回は、エラの凝りを和らげる咬筋マッサージと、注意したい生活習慣についてまとめてみました。

2017年8月
美容

整形なしで横顔美人になりたい…!

周りに比べて顔が特段大きいわけではなくてもエラが張っていると、輪郭が角ばって見えたり、大きく見えたりしますよね。顔の大きさは「生まれつきだから仕方がない」と思っている方も多いのではないでしょうか?

でも、諦めるのはまだまだ早いですよ!実はこのエラ張りの原因の大半は、ものを噛むときに使う「咬筋(こうきん)」の凝り。今回は、小顔に近づく咬筋マッサージをご紹介していきます。

咬筋(こうきん)は筋肉の一種で骨格筋(随意筋)である。咀嚼筋の一つである。
ja.wikipedia.org

短時間で効果あり♡ 咬筋マッサージ

ウォーミングアップ

①人差し指・中指・薬指の3本を耳の下にあて、鎖骨に向けて移動させます。コツは、痛くない程度にゆっくり滑らせること。この動きを8~10回ほど行いましょう。

②次に3本の指をあごの関節にあてます。そして、約30秒を目安に円を描くようなイメージでグルグルと回します。強く押しすぎず、「痛気持ちいい」くらいがエラ解消に有効です。

咬筋ほぐしマッサージ①

1. 親指以外の指をこめかみにあて、親指をエラの気になる部分におきます。
2. 親指で円を描くようにまわし、エラの筋肉の凝りを解消します。
3. 片方20~30回ずつを目安にしましょう。

動画でチェック!咬筋ほぐしマッサージ②

1. 頬を掴むように親指を口の奥へ入れ、残りの手は頬の外側を掴みます。
2. この太い咬筋の下の付け根を親指で外に押し出すように、1分ほどマッサージをします。反対側も同様に行います。

動画でチェック!咬筋ほぐしマッサージ③

1. 左右の頬に手のひらをあて、あごのラインを包み込みます。
2. 手や指でやさしく触れて、痛いところやしこりになっているところがあれば、指の腹でやさしくもみほぐします。

記事に関するお問い合わせ