無料の会員登録をすると
お気に入りができます

主婦の半数以上が実感「不用品を捨てたら人生が好転した」はホント! みんなの体験談を一挙公開

ライフスタイル

「とにかく掃除がラクになって、自分の趣味や子どもと遊ぶ時間が増えた。」

「不要な物が視界に入ってイヤな気分になることがなくなった。」

「部屋をキレイにすると運気が上がると思う。イヤなことがあっても片づけて掃除すると気持ちがスッキリするようになった。」

「探し物の時間が減った。」

「朝の支度が早くできるようになった。」

「クローゼットがスッキリしたら着る服をすぐ決められるようになった。」

「急なお客様のときもすぐ片づけられるので気がラク。」

「子どもたちが自分で片づけられるようになった。」

「おもちゃの数を減らしたら、散らからなくなった。」

「どこになにがあるかすぐにわかるから、家族に『あれどこ?』と聞かれてもお互いイライラしない。」

「家事がラクになり、空いた時間で勉強ができるようになり、資格を取得した。」

「物が減って片づいた部屋を維持しようというモチベーションにつながった。」

「残った物が大切なものだと気づくことができた。」

「夫婦で向き合って会話する時間ができ、夫が抱えていた仕事の悩みに気づけ、ストレスの少ない職場に転職できた。」

「夫から『うちはいつもキレイ。ありがとう』とほめられ、お土産を買ってきてくれる。」

物を捨ててスッキリしたら、いいことしかない!

「物を捨ててスッキリはしたけど人生が好転したか具体的なことはわからない」という声も若干ありましたが、「悪いことが起きた」という声はゼロ。物を捨てたことで日々のストレスが減ったり、節約につながることを実感したり、毎日を快適に過ごせるようになったという声がたくさん上がってきました。みなさんはいかがでしょうか?

(文・田谷峰子)

*サンキュ!モニター176人アンケート調査 2020年3月実施

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ