無料の会員登録をすると
お気に入りができます

感染予防対策バッチリ!安心して楽しめる、東京ディズニーリゾートのコロナ対策&注意点を徹底レポ

旅行・おでかけ

待ちに待った東京ディズニーリゾートの運営再開。2020年7月1日(水)から再開した東京ディズニーランドと東京ディズニーシーでは、できる限りの対策で私たちが安心して楽しめる工夫をしてくれています。そこで、ここではパークで行われている感染症予防対策&注意点を一挙ご紹介。状況に応じて運営方法が変わることもあるので、最新情報をオフィシャルサイトでチェックしながら、新しい様式で楽しもう!

【1】エントランスでは検温とマスク着用への協力を。安心の上で入園して

パークチケットは現在、東京ディズニーリゾート・オンライン予約・購入サイトで発売中。しばらくの間は、事前にオンラインでチケットを購入しないと入園できないのでご注意を。
入園時には、エントランスで非接触タイプの体温計での検温が。37.5度以上の発熱や風邪などの症状がある場合の入園は遠慮しよう。また、パーク内ではマスク着用への協力を(2歳以下の子どもは任意)。屋外で人と十分な距離が保てていれば、息苦しいときなどに外してもOK!

【2】清掃や消毒を徹底中。あちこちにある消毒液でこまめな手指消毒を

ベンチや飲み物の自動販売機、レストランのテーブルや通路の手すりなど、ゲストが触れる場所はキャストがこまめに消毒してくれているから安心! ちなみに、ゴミ箱にはフタを開けずにゴミが捨てられる工夫も。エントランス、レストルーム、ショップ、レストラン、アトラクションにも消毒液が設置されているので、ゲストである私たちもこまめに消毒しよう。

【3】ソーシャルディスタンスを保つためのわかりやすいマークに注目!

アトラクションやレジ前に並ぶ際の列で人が密集しないよう、足元には「立つべき場所」や「立たないでほしい場所」をマーク。そのマークに従うだけで、ソーシャルディスタンスを保つことができるので、足元をよく見てみて。

座って体験するアトラクションやパーク内のベンチ、テーブルサービスのレストランでは、1列ごとや1テーブルごとなどに間隔が空くよう、「他のテーブルをご利用ください」「安全のためただいまご利用できません」のマークやキャストからの指示も。密にならない工夫があちこちに。

【4】ショーやパレードは限定して開催。グリーティングでもハグなどは避けて

キャラクターや出演者と、ゲストが距離を保って楽しめるエンターテイメントを開催中。ショーやパレードも、足元に鑑賞場所のマークがあるので、それに従って鑑賞を。
キャラクターグリーティングでの写真撮影中もマスクの着用に協力して、ハグやハイタッチ、サインも今はやめておこう。キャラクターに会える嬉しい機会だからこそ、ソーシャルディスタンスとマナーを守った楽しみ方を!

【開催中のパレード/ショー】
東京ディズニーランド
・ミッキー&フレンズのキャッスルグリーティング
・ミッキー&フレンズのグリーティングパレード
・ナイトフォール・グロウ
・ディズニー・ライト・ザ・ナイト(花火)

東京ディズニーシー
・ミッキー&フレンズのハーバーグリーティング
・トランジットスチーマー・グリーティング
・ディズニー・ライト・ザ・ナイト(花火)

【5】新アトラクションやキャラクターグリーティングはアプリからのエントリー方式に

東京ディズニーランドにできた新アトラクション「美女と野獣“魔法のものがたり”」「ベイマックスのハッピーライド」と、両パークのキャラクターグリーティング施設を体験するには、東京ディズニーリゾート・アプリからの「エントリー受付」がマスト! 入園後に、アプリから施設と希望時間を選択してエントリー。予約ができたら、利用できる時間帯に施設へ向かい、パークチケットかアプリ上の二次元コードをかざして中へ。
東京ディズニーシーの「トイ・ストーリー・マニア!」と「ソアリン:ファンタスティック・フライト」も、東京ディズニーリゾート・アプリから列に並べる時間を予約する「スタンバイパス」の手続きが必要です。

※「エントリー受付」の結果、利用できない場合もあります
※現在ファストパス・チケットは休止しています

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ