無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ついにドライブもGo Toが!ドライブ旅でのキャンペーン利用方法を解説

旅行・おでかけ

「Go To トラベル」キャンペーンが開始になって、約3か月。すでに利用されている方も多いのでは? ただ、交通に関しては旅行会社を通した旅行パックでしか利用できず、ドライブ旅が好きな人にとっては恩恵に預かることが少ない……。
そう思っていたら、9月18日(金)から、宿泊とセットにすることで高速道路の料金が割引となるキャンペーンが始まっていました! でも例のごとく難解で煩雑なので、解説します。

「Go To トラベル」をサクッとおさらい

Q.どんな内容なの?

対象施設への宿泊とセットで、高速道路の乗り降りが自由になる「高速道路周遊パス」(ETC限定)を、最大35%オフで購入できます。もちろん宿泊代も最大35%オフ、さらに宿泊代+高速道路周遊パスの合計金額の15%分の地域共通クーポンがもらえます。

Q.そもそも周遊パスって?

高速道路を運営するNEXCO東日本やNEXCO中日本などが発売している、高速道路を定額で利用できる周遊パス。パスによって、「東北」や「栃木・茨城」など乗り降りできるエリアが決められています。滞在中も高速道路を使って移動する場合は本当にお得です! 使用期間は2日から4日間までさまざま。
この周遊パス単体では「Go To トラベル」キャンペーンの対象外ですが、対象施設の宿泊を一緒にすることで、キャンペーン適用されて最大35%オフで購入できるんです!

Q.どうすればいいの?

事前にやることは3つです。
・対象の宿泊施設を確認し、宿の公式サイトから予約
・旅館やホテルの直販予約に特化したサイト「STAY NAVI」に予約情報を登録し、クーポンコードをもらう
・そのクーポンコードを使って、NEXCO東日本など高速道路会社のサイトから、高速周遊パスを申し込む

もう少し詳しく流れを見ていきましょう!
①旅館やホテルの直販予約に特化したサイト「STAY NAVI」で「Go To 高速道路周遊パス対象」の宿泊施設を確認し、宿の公式サイトから予約します。

②その宿泊予約情報を「STAY NAVI」に登録すると、クーポン番号が発行されます。

③利用する高速道路の運営会社HPから、周遊パスを申し込みます。その際、②のクーポン番号を入力します。

④クーポン券を印刷して、高速道路を利用して出発!

⑤サービスエリアなどでハイウェイスタンプを押印します。

⑥宿にチェックイン! 宿泊料+高速周遊パスの合計金額の15%分の地域共通クーポンを受け取ります。

⑦後日、ETCカードから割引された高速道路周遊パスの料金が請求されます。

Q.注意点は?

宿泊予約情報を「STAYNAVI」に登録した際に発行される、確認メール、または発行済クーポンを必ず印刷して、対象エリア内の高速道路にあるサービスエリアやパーキングエリアで、「ハイウェイスタンプ」を押印すること!

これがないと、高速周遊パス金額分の、地域共通クーポンの額面が減ってしまうんです。

もし、サービスエリアやパーキングエリアに寄れずにハイウェイスタンプを押せなかった場合は、高速道路出口の有人レーンで印刷したクーポン発行確認メール、または発行済クーポンを提示し、利用証明書を発行してもらえばOKです。

Q.利用できない場合は?

STAYNAVIでクーポンが発行された場合でも、周遊パスが申し込めないことがあります。

① (税込みの宿泊予約総額+周遊パス プラン料金)÷(ご宿泊人数×泊数)が4万円を超える場合

② 予約の宿泊施設の所在都道府県が、高速周遊パスの事業エリアから大きく外れている場合

③ 宿泊期間とお申し込みの周遊パスの利用期間が重なっていない場合。
たとえば、宿泊のチェックイン日・チェックアウト日が11月1日~11月2日の場合、11月3日利用開始の周遊パスは申し込めません。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ