無料の会員登録をすると
お気に入りができます

冷蔵庫収納を見直して食費カット♡貯まる冷蔵庫の節約術9選

ライフスタイル

冷蔵庫収納の見直しから始める節約生活

綺麗に片付けられた冷蔵庫は物を把握しやすく、無駄買いを防ぐ事が出来ます。毎日の献立も立てやすくなりますよ。小さな見直しから始められるので、節約が苦手な方にオススメ。今すぐ実践したい節約術を紹介します。

1.ケースに入れて取り出しやすくする

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

冷蔵庫の中身を把握する事が、冷蔵庫収納で1番大切な事です。無駄買いを防げ、使いきれない食材を出さずに済みます。奥行きを活用する為にもカゴやトレーがオススメです。直接食材が触れないので冷蔵庫の汚れも防げます。

2.中身が見える容器を使う

中身の見えにくい容器はおしゃれで見た目も綺麗ですが、家族が一目でわかりにくいという欠点があります。なので、ラベリングしなくても中身が分かる容器はオススメ。容器を揃えるとおしゃれ感が出てスッキリしますよ。

耐熱ガラス保存容器 520ml

ニトリ

¥ 277

おしゃれなガラス容器は、匂いも色も移らない優れもの。熱湯消毒が出来るので衛生的に使えますよ。

商品詳細
耐熱ガラス保存容器 520ml
www.nitori-net.jp
商品詳細

オーブンもレンジもOK。ダイソー『耐熱ガラス食器』が便利です!

ダイソーに売っている『耐熱ガラス食器』をご存知でしょうか? 電子レンジはもちろん、なんとオーブン調理もOK。シンプルなデザインは冷蔵庫内のすっきり収納をも叶えてくれるんですよ。その魅力をご紹介いたします。
5966

3.収納は余白部分を作る

冷蔵庫の冷気が通りやすくする7割以下の収納がオススメです。食材を入れすぎてしまうと冷気が循環せず温度が上昇する為、温度を下げる電力が大幅に使われ電気代が高くなります。ゆとりのある空間を作りましょう。

4.朝食セットを作っておく

朝食セットを用意してカゴなどに入れて置くと便利。カゴを取り出すだけでささっと作れるので、時短にもなりますし、家族が自分で取り出して使えるのもいいですよね。朝ごはんの食費が固定されるので節約につながります。

5.段ごとに入れる食品を決める

使いやすい冷蔵庫にする為に、食材を置く場所を段ごとに決めて置きましょう。扉を開けたまま物を探す時間を短くして冷気を保てるので節電になりますし、先に食べたい賞味期限の近い食材が簡単に把握できますよ。

記事に関するお問い合わせ