無料の会員登録をすると
お気に入りができます

[東京]フランス仕込みのブーランジェリー5軒。地元民に愛されるベーカリーと人気のパンをチェック!

東京都内には、美味しいフレンチパンが食べられる名店ブーランジェリーが続々オープンしてます。今回は、パン好きも必見のフランス仕込みのブーランジェリーをご紹介します。

グルメ

2.〈griotte Bakery cafe〉/駒沢大学

手前から左回りにパンイタリアン 130円、バゲット(ハーフ)140円、フムス 200円、にんにくコンフィとクリームチーズ 300円。

フレンチとパンの融合を目論む、最も若い世代が小島正義シェフ。食の都リヨンでフレンチ修業をした。「食べてました。ケーキ、チョコ、パン…。二ツ星、三ツ星のレストランはすべて行きました。フロマージュブランを1ℓ食べたり」。なんという食いしん坊。この人ならまかせて大丈夫だ。

クロワッサン 230円

ジンジャーオレンジ 270円(各税込)

1軒でパンも惣菜もそろえ、デリとしての機能を果たす。各種のペーストにフランス仕込みの辣腕は発揮される。にんにくコンフィとクリームチーズは、芳醇さがオリーブオイルによって引き延ばされる。ひとすくいパンに塗るだけでビストロのような食事になる。
〈griotte Bakery cafe〉
取り置き可、地下にイートインスペースあり。コーヒー 280円、グラスワイン 600円(各税込)。
■東京都目黒区東が丘2-14-12
■03-6314-9286
■8:00~19:00 月休(祝の場合、翌火休)
■10席/禁煙
(Hanako特別編集『おいしいパンのこと、すべて。』掲載/photo : Keiko Nakajima text : Taeko Terao edit : Kahoko Nishimura)

3.〈Du Pain et Des Gâteaux Les Initiés〉/根津

アルザスで修業したシェフが作る焼き菓子も人気。

フランスのブーランジェリーのよ2うな店内。「こんがりバゲットにうっとり!(瀬戸さん)」

根津の住宅街にオープンしたブーランジェリー。腕を振るうのはパティシエール出身の若きシェフ。フランスの権威あるバゲットコンクールで外国人女性初優勝を果たし、話題の成澤芽衣さんがパンの監修を手がけ、フランスの香り漂うパンや本場仕込みの焼き菓子を提供。

〈Du Pain et Des Gâteaux Les Initiés〉
■東京都文京区根津2-32-5
■090-8041-6329
■10:00〜17:00 月水休
■イートインなし
Navigator…瀬戸かほ/雑誌やカタログ、CMなどでモデルとして活躍。昨年写真集『Emanon』を発売。女優業にも進出し、これまでの主な作品に映画『ゆうなぎ』など。
(Hanako1182号掲載/photo:Norio Kidera, Tomo Ishiwatari, Kenta Kawasaki text:Kahoko Nishimura, Etsuko Onodera)

4.〈Toshi Au Coeur du Pain〉/都立大学

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ