無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日笑顔でいたいから。ストレスフリーで生きるためのヒント6選

ストレスを全く感じない生活を送ることができたら最高ですが、生き方をガラリと変えるのは簡単なことではありませんよね。しかし普段の過ごし方や考え方を見直すだけでも、ストレスを軽減させることはできるんです。

2017年8月
ライフスタイル

ストレスを溜めない生き方とは?

好きなことだけをして楽しく過ごせれば最高ですが、現実はそうもいきません。毎日笑顔でいようと心がけていても、ついイライラしてしまうことも多いのではないでしょうか?

当然、自分に合ったストレス解消法を知っておくことも大切です。しかしストレスそのものを減らすことができたら、もっと楽に生きられそうだと思いませんか?

www.pexels.com

とは言え、やりたくないことを一切やらないというのは非現実的ですよね。それよりも今の生活や考え方を見直して、少しでもストレスを減らせないか考えてみましょう。

①焦りは禁物!

なかなか目標を達成できなかったり仕事が終わらないとイライラしそうになりますが、焦りは禁物。まずは自分に、何かを成し遂げるには時間がかかると言い聞かせておきましょう。

www.pexels.com

1人で100㎏の荷物を持ち上げられなくても、小分けにすれば目的地に運ぶことができますよね。仕事や目標もそれと同じ。やるべきことを1つずつこなせば、大きな成果を生み出すことができますよ。

②完璧主義を止める

例えばダイエットをすると決めたら、長時間運動をしたり極端なカロリー制限をしていませんか?全力で頑張れば精神的な負担は大きくなるので、ストレスが溜まるのは当然です。

何事にも努力を惜しまないのは素晴らしいことですが、がむしゃらに頑張るのが正解だとは限りません。8~9割程度を目安にする方がストレスが溜まりにくく、コツコツと長く続けられるんです。

③物の見方を変えてみて

いつも明るく前向きな人に共通しているのは、人やモノの長所を見つけるのが上手いということ。少しでも近づくためには、色々な方向から物事を見ることがカギになります。

www.pexels.com

誰かに対してムッとしたら、「嫌な人」と決めつける前に相手の長所や抱えている事情について少し考えてみましょう。悪い面だけを切り取っていたら、この世界は嫌なものだらけになってしまいますよ。

④諦めることで幸せに

どんなに恵まれていても幸せだと思えないのは、今の状況が自分の理想像とかけ離れてしまっているから。例えば理想の仕事に就けなければ、他の仕事を見つけても不満が残ってしまいますよね。

もちろん理想を追いかけるのは素晴らしいことですが、どうにもならないこともあります。今の自分の能力を冷静に見極めて、しっかり準備が整うまでは諦めることも必要なのではないでしょうか?

⑤今の生き方を大切にして

他の人の生活が羨ましくて、「隣の芝が青く見える」状態になるのは仕方のないことです。しかしそんなとき、自分の芝に水をやることを忘れていませんか?そのままにしていたら、芝は枯れてしまいます。

自分の芝、つまり今の環境や支えてくれる人たちへの感謝の気持ちも忘れてはいけません。今の自分の生活を大切にしながら更に良いものにすることを目指す方が、確実に幸せを掴めますよ。

⑥他人に期待し過ぎない

いくらストレスを溜めないように気をつけていても、人間関係で嫌な思いをすることもありますよね。例え身近な人であっても、自分の思い通りに動いてくれることを期待するのはやめましょう。

もちろん、人間関係に対して悲観的になる必要はありません。自分とは違うからこそ相手が魅力的に感じられて、一緒にいて楽しいんです。

頑張りすぎには要注意!

多くの女性に共通しているストレスの原因は、頑張り過ぎていること。それなのに自分は努力が足りないと思い込んでいるので、ますます辛くなってしまうんです。

一番大切なのは未来への不安や周りからのプレッシャーではなく、今の自分です。たまにはゆっくりと深呼吸をして、無理をしていないか自分の心と身体に聞いてみてくださいね。

記事に関するお問い合わせ