無料の会員登録をすると
お気に入りができます

捨てないで♡ 美味しく飲み終わったハーブティーの「出がらし」を100%活用する方法

美容や健康に多くの効果をもたらすハーブティー。「一度煮出したらすぐに捨てる」なんて、もったいないことしていませんか?美味しく飲むだけじゃない、ハーブティーの「出がらし」の驚きの活用術をご紹介します♡

2017年8月
美容

ハーブティーの出がらしが使える!

多くの女性が好む「ハーブティー」。自然の恵みを受けて豊かに育ったハーブには、美容・健康に有効な成分が凝縮されていることで知られていますよね。西洋では、漢方的存在として昔から人々に愛され続けています。

Media?size=l
instagram.com

多種多様な味と香りで私達を楽しませてくれるハーブティー。味わったあとも、まだキレイに残るハーブに思わず「もったいないな…」との気持ちが残る方も多いと思います。

Media?size=l
instagram.com

実は、ハーブティーを飲み終えた後の「出がらし」を有効活用する方法があったんです!今回は、身近なハーブティーを100%活用する方法をご紹介します♡

こんなにあった!出がらし活用術

「入浴剤」にしてハーブバスに

まだまだ香りが残っているハーブティーの出涸らしは、入浴剤として活躍します!茶葉がバラバラになるのが気になるという方は、100円ショップなどに売っているティーパックに出涸らしを入れれば、漏れる心配もありません。

Media?size=l
instagram.com

ティーパックタイプのものは、そのまま湯船にIN♡浴槽の大きさに合わせて、2.3個まとめて入れると良さそうです。色移りや劣化を防ぐために、使用後はすぐに浴槽をお掃除してあげてくださいね。ハーブの香りで、1日の疲れがほぐされます♡

手作りサシェで「消臭・芳香剤」に

乾燥させた出がらしは、消臭剤や芳香剤として活用できます!乾燥する方法としては、新聞紙やざるに乗せ、天日干しで自然乾燥するのが良さそうです。

Media?size=l
instagram.com

匂いの気になる靴箱や冷蔵庫に入れれば、消臭剤の役割に。また、匂いがしなくなってしまった出がらしも、好きな香りのオイルを数滴垂らして布袋に詰めれば、ほのかに香り漂う手作りサシェに変身しますよ♡インテリアとしても可愛いですね。

「食べて」まるごと栄養GET

食べられるハーブは限定されますが、「ビタミンCの爆弾」との異名をもつローズヒップやハイビスカスなどは出がらしまで食べてもOK。これらのハーブティーの味わいからも予想がつきますが、出がらしも甘酸っぱくて美味しいんです♡

Media?size=l
instagram.com

はちみつをかけてそのまま食べたり、ヨーグルトにトッピングしたり。ミキサーなどで細かく刻み、手作りお菓子に混ぜると食べやすく、普段のおやつよりも栄養UP。出がらしまで丸ごと食べることで、美肌効果がさらに期待できますよ♡

ルイボスは「肥料」として大活躍

妊婦さんから子供まで安心して飲める、ルイボスティー。大人の女性にとっても嬉しい効果が盛りだくさんのルイボスですが、その出がらしはガーデニングの肥料としてかなり活用でき、プロのガーデナーも実践しているのだそうです。

Media?size=l
instagram.com

例えば、新しく鉢植えするときに底にルイボスティーの茶葉を敷き詰めると、吸収性がある茶葉が水分を蓄え、栄養とともに植物にゆっくり水分補給していくのだそうです。また、土の表面に葉をそのまま散らす事で、乾燥を防ぐのだとか。大事に育てている植木や野菜、観葉植物の栄養にしてあげたいですね。

衣類に「香り」を忍ばせて

近づいたとき、ふわっと香るほのかな匂い。人工的な香水とはまた違う心地よさは、自然由来のハーブだからこそ。お好きな香りのハーブティーの出がらしで作ったサシェをクローゼットに忍びこませましょう。

また、防虫効果のあるハーブを選べば、虫食い予防にも。匂いのつきやすいストールやマフラーに包んでおいたら、羽織るときに大好きな香りを纏えます♡

出涸らし活用にオススメのハーブ

では、どのようなハーブが出がらしの活用に適しているのでしょうか?人気のハーブの中でも、オススメをご紹介します。

カモミール

りんごのような香りとやさしい甘味で人気のカモミール。安眠効果が高いため、寝る前にハーブバスにすると自然と穏やかな眠りにつけます。カモミールをサシェにして枕元に置いておくのも良さそうです♡

ラベンダー

Media?size=l
instagram.com

独特な香りと美しい外見で人気のラベンダー。鎮静作用があり、ストレスで緊張した心身を和らげ、気分を落ち着かせてくれます。入浴に適していることはもちろん、虫よけ効果があるため、タンスやクローゼットに入れても◎。

ローズマリー

Media?size=l
instagram.com

集中力を高めたり、新陳代謝を活発にするローズマリー。その抗酸化作用で「若返りのハーブ」として人気を誇ります。頭をスッキリさせるので、朝のハーブバスに最適です。また、ラベンダー同様に虫除け効果もあります。

レモングラス

Media?size=l
instagram.com

爽やかなレモンの香りで人気のレモングラスは、高い抗菌・殺菌作用で風邪予防にも効果的です。消化器官の働きを活発にする効果もあるので、食後の一杯におすすめ。また、レモングラスは虫除けハーブとしても大変有名です。気になる場所に仕込みたいですね。

ルイボス

Media?size=l
instagram.com

抗酸化作用やビタミン・ミネラルなどの様々な効果から、女性に好んで飲まれるルイボスティー。妊婦さんや子供も安心して飲める数少ないハーブティーです。特に炎症作用を抑制する効果から、ハーブバスはとても適していると言えます。

出がらしを活かして生活に彩りを♡

いかがでしたか?ハーブティーの出がらしの活用術がこんなにあったとは驚きですよね。「西洋の漢方」と言われるほどですから、昔から語り継がれてきた知恵なのでしょう。

自然由来だからこそ、人間にも地球にも優しいハーブ。この機会に、ナチュラルライフ「#ハーブのある暮らし」を始めてみませんか?

記事に関するお問い合わせ