無料の会員登録をすると
お気に入りができます

捨てないで♡ 美味しく飲み終わったハーブティーの「出がらし」を100%活用する方法

美容

ハーブティーの出がらしが使える!

多くの女性が好む「ハーブティー」。自然の恵みを受けて豊かに育ったハーブには、美容・健康に有効な成分が凝縮されていることで知られていますよね。西洋では、漢方的存在として昔から人々に愛され続けています。

多種多様な味と香りで私達を楽しませてくれるハーブティー。味わったあとも、まだキレイに残るハーブに思わず「もったいないな…」との気持ちが残る方も多いと思います。

実は、ハーブティーを飲み終えた後の「出がらし」を有効活用する方法があったんです!今回は、身近なハーブティーを100%活用する方法をご紹介します♡

こんなにあった!出がらし活用術

「入浴剤」にしてハーブバスに

まだまだ香りが残っているハーブティーの出涸らしは、入浴剤として活躍します!茶葉がバラバラになるのが気になるという方は、100円ショップなどに売っているティーパックに出涸らしを入れれば、漏れる心配もありません。

Instagram

写真・動画の投稿が

削除された可能性があります。

ティーパックタイプのものは、そのまま湯船にIN♡浴槽の大きさに合わせて、2.3個まとめて入れると良さそうです。色移りや劣化を防ぐために、使用後はすぐに浴槽をお掃除してあげてくださいね。ハーブの香りで、1日の疲れがほぐされます♡

手作りサシェで「消臭・芳香剤」に

乾燥させた出がらしは、消臭剤や芳香剤として活用できます!乾燥する方法としては、新聞紙やざるに乗せ、天日干しで自然乾燥するのが良さそうです。

匂いの気になる靴箱や冷蔵庫に入れれば、消臭剤の役割に。また、匂いがしなくなってしまった出がらしも、好きな香りのオイルを数滴垂らして布袋に詰めれば、ほのかに香り漂う手作りサシェに変身しますよ♡インテリアとしても可愛いですね。

「食べて」まるごと栄養GET

食べられるハーブは限定されますが、「ビタミンCの爆弾」との異名をもつローズヒップやハイビスカスなどは出がらしまで食べてもOK。これらのハーブティーの味わいからも予想がつきますが、出がらしも甘酸っぱくて美味しいんです♡

はちみつをかけてそのまま食べたり、ヨーグルトにトッピングしたり。ミキサーなどで細かく刻み、手作りお菓子に混ぜると食べやすく、普段のおやつよりも栄養UP。出がらしまで丸ごと食べることで、美肌効果がさらに期待できますよ♡

記事に関するお問い合わせ