無料の会員登録をすると
お気に入りができます

知ってる?パンダ電車、いちご電車に猫の駅長♡今「SNS映え電車」が行楽スポット!

旅行・おでかけ

「電車」をメインに楽しもう!

夏休みに秋の行楽、どこに行こうかと頭を悩ませてはいませんか? アミューズメント施設を目当てに出掛けるのもいいですが、子どもが早々と飽きてしまったり入場料が高かったり、不安に思うこともありますよね。

そんな時には、「電車」を目的にしてみませんか?移動手段としてだけでなく、お出掛けのメインイベントとしても十分に楽しめます。お出掛けの目的地は、子ども受けも良くインスタ映えもする「電車」が楽しいんです♡

JR西日本「パンダくろしお」

京都、新大阪と和歌山県の白浜、新宮を結ぶ特急電車「くろしお」にパンダフェイスのラッピング列車が登場!来年に開園40年を迎えるアドベンチャーワールドとコラボした、パンダを前面に押し出したデザインです。

www.aws-s.com

側面や車内もパンダがいっぱい!

1~6号車の側面は、パンダをはじめとしたいろいろな動物たちでラッピングされています。走っている電車を正面から見るのが難しくても、横からなら見るチャンスもありそうですね。

www.aws-s.com

車内の扉や座席ヘッドカバーもラッピングされているので、外から眺めるだけではなく乗っても楽しめます。オリジナルの座席ヘッドカバーがとってもキュート♡座席にずらっと並んだパンダフェイスはインスタ映えも抜群です。

2017年8月5日から2019年11月頃までの運行を予定としています。8月6日以降は「くろしお」号の定期列車とラッピング列車が運行しますが、運転時刻は日によって違うそうです。

ラッピング列車での運航が決まるのは直前になるので、いつ走るのかを前もって知るのは難しいかもしれません。その代わり、臨時列車としての運行も計画されているそうなので、マメにチェックしておきましょう♡

「パンダくろしお」ラッピングイメージ(PDF)
特急くろしお
アドベンチャーワールド

和歌山電鐵「いちご電車」「おもちゃ電車」

猫ブームの火付け役とも言える「たま駅長」で有名な和歌山電鐵。猫の駅長だけでなく、「いちご電車」「おもちゃ電車」「たま電車」などのかわいい電車もとっても魅力的。子どもがはしゃぐ姿が目に浮かびます。

記事に関するお問い合わせ