無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぷりっとした「桃尻」に熱視線♡世界的トレンドボディを5分の努力で叶える方法3選

2017年は空前の美尻ブームです。今やボディメイクのトレンドは腹筋でなく、いかにセクシーなお尻にするかに注目が集まっています。時間がない方でも、高負荷なトレーニングなら時短でヒップアップが可能。1日5分で確実に「桃尻」をつくる方法をご紹介します♡

2017年8月
美容

トレンドは「腹筋」から「桃尻」へ

数年前より、メディアでは多くの「腹筋女子」が話題になりましたが、次なるブームが世界的セレブによって引き起こされました。SNSでは「#belfie」なるタグが爆発的に広まり、お尻を自撮りする女子たちが世界的に急増しています。

instagram.com

それに伴い、ボディメイクのトレンドは「お腹」から「お尻」へと移行してきています。力強さとヘルシーさが表れる「割れた腹筋」よりも、どこか本能的な女性らしさを感じる「くびれからお尻」のボディラインが、男女から大人気。

そして嬉しいことに、女性らしさを表すカラダは「努力で叶う」世の中になりました。女性らしさを感じる部位として、生まれ持った大きさである程度左右されてしまう「おっぱい」ではなく、努力次第でいくらでも変われる「くびれ」や「お尻」の方が注目されるためです。

そんな時代の流れに乗って、この機会に美尻メイクを始めてみませんか?今回は、筋トレ初心者から上級者までレベルに合わせて行えるトレーニングをご用意しました。自分に合ったトレーニングで、キュッと引き上がったセクシーな「桃尻」をGETしていきましょう!

これでOK♡ヒップアップトレーニング

とはいえ、普段鍛えたことがない場合、どこの筋肉を動かすのかよくわからない方も多いかと思います。まずは、お尻の筋肉を意識するところから始めてみましょう。

初級:お尻を意識する「脚上げ」

後ろ脚を上下する動きは、ヒップアップに効果的。機械を使わなくとも、お尻の筋肉を実感できます。信号待ちや電車待ちなど、空き時間にいつでも実践できますよ♡

instagram.com

まずは立ったまま、両手のひらをお尻に添えます。不安定な方は、壁や椅子につかまったままでもOK。片方の脚に重心をおき、反対の脚を後ろにUP。少し上下に動かしてみましょう。上げ下げしている脚のお尻が硬くなっていたら◎。

硬くなっているということは、筋肉が収縮しているということ。つまり、きちんと筋肉を使えている証拠です。「ここにボリュームをつけたい!」と思う箇所を意識しながら、片側20〜30回ほど行いましょう。

中級:下半身にも効果大の「ワイドスクワット」

お尻の筋肉を意識できたら、次のステップに進みましょう。普段動かさない「もも裏」「お尻」の筋肉をしっかりと使っていく「ワイドスクワット」をご紹介します。大きな筋肉であるお尻や下半身の筋肉を動かし、痩せやすいカラダに♡

instagram.com

肩幅よりも広めに両足を広げ、つま先は30度外側に向けます。このとき、膝が内側に向けず、小指側に向けるようにします。重心はかかと側に置きましょう。出っ尻にならないように、しっかりとお尻の穴を締めます。

そのままゆっくりと腰を真下に降ろしていきましょう。お尻を深く落としたら、引き上げる際は「もも裏・内もも・お腹・お尻」に意識を向けて。このとき、膝を伸ばしきることよりも、お尻を締める方に意識を向けることが重要です!これを10〜15回3セット行います。

下半身の大きな筋肉をたくさん動かすトレーニングなので、筋力UPによる全身痩せにも効果が期待できますよ。ワイドスクワットに余裕ができたら、重いペットボトルなどを持ってやるのも◎。

上級:美尻トレの王様「ブルガリアンスクワット」

ワイドスクワットを継続していき、しっかりと土台ができたら、高強度のヒップアップトレーニング「ブルガリアンスクワット」に挑戦してみましょう!少し難易度が高いので、ポイントを一つずつ確認していきます。

instagram.com

まずは、安定したイスやベッドの前に立ち、その上に後ろ脚の甲を半分くらい乗せます。膝の高さ位のポジションがベストです。前脚との距離は、かなり広めにしていきましょう。後ろ脚の膝を床に落としたときに、約90度になる角度が◎。

instagram.com

落とす深さは、ムリのない範囲で大丈夫です。前膝に負担がかかりすぎないよう、身体を引き上げるときには、前脚のお尻ともも裏を意識しましょう。前ももに負担がかかりすぎる方は、上半身を少し倒したり角度を変えてみると、お尻に効くポジションが見つかりますよ。

目安としては、片足8〜12回を3セット。でも回数関係なく、自分の限界プラスあと1回ができたらパーフェクトです♡ぷるぷるとキツいのは、効いているからこそ。やりこむほど、どんどん理想のお尻に近づいていきますよ。

最後に、お尻の筋肉をストレッチ

しっかり筋肉を使ったあとは、伸ばしてあげることが大事。寝転んだままできる、「4の字ストレッチ」をご紹介します♡

まずマットの上で仰向けになり、両膝を曲げましょう。右脚の外くるぶしを左ももの上に乗せます。両脚の間に右手を通し、左ももの後ろ側をつかむか、両手を組みましょう。

息を吐きながら、両手を引き寄せるようにして、右のお尻の筋肉の伸びを感じます。呼吸をゆったり続けながら、30秒〜1分ほど行いましょう。反対側もどうぞ♡

「桃尻」もトレンドボディもGET♡

いかがでしたか?シンプルなトレーニングをやりこんで自分のものにし、習慣化してしまえばこちらのものです。なりたい理想をめがけて、確かな努力で実現していきましょう。

自分に合ったヒップアップトレーニングで、誰もが羨む「桃尻」と最先端のトレンドボディをGETしてください♡

パンパンに張った太ももがスッキリ!下半身太りに効く「片足の鳩のポーズ」

「スラッと長い脚に憧れる」「太ももがパンパンに張ってしまい、下半身だけ太って見えてしまう…」その悩み、ヨガポーズで解消しましょう♡ 今回は、普段伸ばしづらい外ももの筋肉を伸ばしてくれる「片足の鳩のポーズ」を現役ヨガインストラクターが解説していきます。
15015
記事に関するお問い合わせ