無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ぷりっとした「桃尻」に熱視線♡世界的トレンドボディを5分の努力で叶える方法3選

美容

肩幅よりも広めに両足を広げ、つま先は30度外側に向けます。このとき、膝が内側に向けず、小指側に向けるようにします。重心はかかと側に置きましょう。出っ尻にならないように、しっかりとお尻の穴を締めます。

そのままゆっくりと腰を真下に降ろしていきましょう。お尻を深く落としたら、引き上げる際は「もも裏・内もも・お腹・お尻」に意識を向けて。このとき、膝を伸ばしきることよりも、お尻を締める方に意識を向けることが重要です!これを10〜15回3セット行います。

下半身の大きな筋肉をたくさん動かすトレーニングなので、筋力UPによる全身痩せにも効果が期待できますよ。ワイドスクワットに余裕ができたら、重いペットボトルなどを持ってやるのも◎。

上級:美尻トレの王様「ブルガリアンスクワット」

ワイドスクワットを継続していき、しっかりと土台ができたら、高強度のヒップアップトレーニング「ブルガリアンスクワット」に挑戦してみましょう!少し難易度が高いので、ポイントを一つずつ確認していきます。

instagram.com

まずは、安定したイスやベッドの前に立ち、その上に後ろ脚の甲を半分くらい乗せます。膝の高さ位のポジションがベストです。前脚との距離は、かなり広めにしていきましょう。後ろ脚の膝を床に落としたときに、約90度になる角度が◎。

instagram.com

落とす深さは、ムリのない範囲で大丈夫です。前膝に負担がかかりすぎないよう、身体を引き上げるときには、前脚のお尻ともも裏を意識しましょう。前ももに負担がかかりすぎる方は、上半身を少し倒したり角度を変えてみると、お尻に効くポジションが見つかりますよ。

目安としては、片足8〜12回を3セット。でも回数関係なく、自分の限界プラスあと1回ができたらパーフェクトです♡ぷるぷるとキツいのは、効いているからこそ。やりこむほど、どんどん理想のお尻に近づいていきますよ。

最後に、お尻の筋肉をストレッチ

しっかり筋肉を使ったあとは、伸ばしてあげることが大事。寝転んだままできる、「4の字ストレッチ」をご紹介します♡

まずマットの上で仰向けになり、両膝を曲げましょう。右脚の外くるぶしを左ももの上に乗せます。両脚の間に右手を通し、左ももの後ろ側をつかむか、両手を組みましょう。

息を吐きながら、両手を引き寄せるようにして、右のお尻の筋肉の伸びを感じます。呼吸をゆったり続けながら、30秒〜1分ほど行いましょう。反対側もどうぞ♡

記事に関するお問い合わせ