無料の会員登録をすると
お気に入りができます

何を読む? 人生に磨きをかける夏の課題図書10選

偶然手にした本が私の生き方を変えるかも?2時間の読書時間が自分の心を豊かにしてくれるかも?大人女性だからこそ読んでほしいおすすめの10冊をご紹介します。ひと夏の冒険へ進み出しましょう。

2017年8月
カルチャー

大人女性におすすめの本って?

今の私に足りないものや頑張るべきことって何?そんな疑問や悩みに答えてくれるのは読書ですね。

読書体験はバーチャルだからこそ良い面もあります。しっかり学んで実生活に活かしましょう。この夏おすすめの10冊をご紹介します。

①本屋さんのダイアナ

自分の名前が大嫌いな女の子のお話

名前は親が最初に与えてくれるものですが、それがキラキラネームだったとしたら?大穴(ダイアナ)もそのうちの一人で、自分の名前にコンプレックスを抱いている女の子です。

ダイアナは小学校3年生の時に彩子と出逢います。境遇や性格がまったく正反対の二人なのに、読書という共通の趣味で意気投合。自分の居場所を見つけられます。

「自分の呪いを解き放て」

裕福な上流家庭で育つ彩子と、貧乏でゆるゆるの環境で育つダイアナ。お互いに苦労や葛藤があり、相手への嫉妬や羨望があったのは事実。二人は些細な事で音信不通に…。

自分の人生は自分で決めたいと思いつつ、親の敷いたレールを歩いている人も多いですよね。「呪いを解き放て」という意味は、人にとって様々。果たして彩子とダイアナは呪いから目がさめるのでしょうか?

本屋さんのダイアナ 柚木麻子

新潮文庫

¥ 680

彩子とダイアナが紡ぐ自分の人生の生き方指南。人は他人にはなれないのです。自分の人生は自分で切り開いていかなくちゃ。

商品詳細
本屋さんのダイアナ 柚木麻子
www.amazon.co.jp
商品詳細

②整形美女

2つの整形美女が織りなすシニカルヒストリー

誰もが振り返る完璧美人の「甲斐子」と平凡な容姿の「安倍子」。二人が真逆の美容整形に踏切り、人生をやり直そうとするストーリーです。ブスから美人へはよくある話ですが、美人からブスというのは斬新ですね。

甲斐子は容姿が完璧すぎて男の人が近寄ってこないのをコンプレックスにしていたというのだから驚き!男性が好みそうな平凡な顔へと変えることで幸せを手に入れます。

記事に関するお問い合わせ