無料の会員登録をすると
お気に入りができます

元・捨てられない女が「手放したら人生変わった!」捨てられるようになった3つの言葉

ライフスタイル

元・捨てられない女の整理収納アドバイザーで3児ママ、サンキュ!STYLEライターのmayaです。築33年/52平方メートル/2LDK 賃貸マンションに家族5人で暮らしています。

すっかり肌寒くなりましたが、衣替えはおすみですか?

「これ、あまり着てないな」
「この服手放そうかな、でももったいないな」
と、手放したいけど手放せない服はありませんか?

そんなとき、自分に問いかける言葉3選を紹介します!

迷ったら自分に問いかける言葉

1.『その服を着て友達に会いに行ける?』

手放すか迷っている、ということは「自分にとって気に入らないポイント」があるということ。

あなたはその服を着て、友達に会いに行けますか?
モヤっとする服を着ていると、それがそのままあなたの印象になります。

2.『その服をお金を出してまた買いたい?』

「お金を出してもまた同じものを買いたい!!」そう思えるなら、手元に残しておきましょう。

「同じ金額を出してまで欲しくないな…」と思う服は、もう役目を果たしています。
残しておいてもときめかないし、出番はないでしょう。

3.『その服が好き?』

あなたはその服が好きですか?
家事や仕事の都合で、あまり好きではない服を着る必要もあるでしょう。

自分のプライベートで着る服はちゃんと自分が好きな服を着ませんか。
1年は365日。好きじゃない服を着るのはもったいないですよね!

勇気を持って手放すことも大切

『手放したいけど、なかなか手放せない』

過去の私もそうでした!

「手放せずにどんどん増えていく洋服」を見るのがツラかったです。
「たいして着ることもなく旬が過ぎていく洋服」を手に取るのがツラかったです。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ