無料の会員登録をすると
お気に入りができます

あと2か月あれば十分間に合う!初心者向け部屋別"捨て活"の進め方

ライフスタイル

FJÄDRAR フィェドラール インナークッション

イケア

¥ 500

※IKEA Familyメンバー価格です(通常価格¥ 600)。

商品詳細
FJÄDRAR フィェドラール インナークッション
www.ikea.com
商品詳細

冬用リネンも要チェック

Kseniya Ovchinnikova / Getty Images

肌ざわりのよさや絶妙なカラーでついつい買ってしまう冬用のブランケット。いざ使おうと思って穴が開いていたら残念ですよね。まずはほころびなどを確認し、いくつか手元に残してあとは手放していきましょう。

キッチンは大きなものから始めよう

Taiyou Nomachi / Getty Images

こまごまとした調理器具や調味料から、フライパン家電まで様々なアイテムがそろったキッチン。なかなか捨て活が進まないエリアでもあります。

Halfpoint Images / Getty Images

でもキッチンがきれいになったことで、料理にも一層力が入りますよ。まずはスペースを占領している大きなものから始めていきましょう。

吊戸棚の最上段からスタート

YakobchukOlena / Getty Images

普段なかなか使わないものが収納してある吊戸棚の最上段。この機会に手放すのもアリです。いくつもあるボウル、かき氷やポップコーンメーカーなど、手放しても意外と困らないかもしれません。

保存容器も必要最低限に

Carol Yepes / Getty Images

作り置きや残り物に便利な保存容器ですが、かさばるもののひとつ。フタが見当たらない、使わないものから順に手放していきましょう。プラスチック容器はニオイがつきやすいため、定期的なチェックが必要です。

くたびれた調理器具を整理

Natalya Danko / EyeEm / Getty Images

テフロン加工なのにくっつく、焦げがとれないフライパンはそろそろさよならしましょう。きれいなフライパンを使うことで火の通りも均一になり、よりおいしく手早く料理ができますよ。

※価格は記事作成時のものです。
※外出する際は混雑する時間を避けるなど、感染予防を心がけてください。

記事に関するお問い合わせ