無料の会員登録をすると
お気に入りができます

「何でも自分のせいにしがち」な人の特徴4つ

気にするほどでもないことや、自分だけのせいではない失敗に対して、深く罪悪感を抱くことはありませんか? でもそれって手放すべき感情かもしれません。今回は心理カウンセラーの大塚統子さんに、罪悪感が生まれるメカニズムや、罪悪感を解消する方法を聞いてみました。

ライフスタイル

自分を責めすぎないで

罪悪感は誰もが持つ感情ですが、人によって受け止め方の深刻度が異なります。頻繁に自分を責めて苦しくなるようなら、ひどく自分を罰し過ぎているのかもしれません。

大抵の場合、自分を一番「許せない」と思っているのは自分自身のようです。罪悪感との付き合い方を理解して、自分を責める気持ちを減らしていきましょう。

(大塚統子)

※画像はイメージです

カウンセリングサービス所属の心理カウンセラー。ネガティブな感情の癒しから、「ココロを整える」「自信を取り戻す」「幸せな恋愛関係を築く」「才能を見つける」サポートを得意とする自己嫌悪セラピスト。東京・仙台で開催の『体験する心理学講座(心理学ワークショップ)』講師。
HP:http://blog.livedoor.jp/cs_nori/

http://blog.livedoor.jp/cs_nori/

Twitter:https://twitter.com/cs_nori

https://twitter.com/cs_nori
オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ