無料の会員登録をすると
お気に入りができます

押してダメなら引いてみて♡ 気になる彼を振り向かせる恋愛テクニック10選

恋愛において男性がこちらに興味がない場合、女性から押さなければ恋愛は進展しませんよね。でも、押しすぎると逆に引かれてしまう場合も。片思い中はどうしても駆け引きで頭を抱えがちですが、押してダメなら引いてみることも肝心です。今回は押して引く恋愛テクをご紹介します。

2017年8月
恋愛・結婚

それを積み重ねる事によって相手との距離感が縮まり、相手にとって安心出来る存在になれるはずです。特に、男性はお願いごとをされるのが好きなので、少し無理めなお願いを聞いてもらって距離を縮めていきましょう。

8. LINEの文章は相手より短めに

LINEやメールの文章は量がわかりやすいので、文章量を同じぐらいにしておくと上手くいきやすいですが、文章量が相手より多いと「重い人」と思われやすいですし、逆に少ないと「脈ナシ」と思われることも。

相手のテンションが盛り上がっているタイミングで文章量を減らしたり、「はい、わかりました」というように、敬語混じりでテンションの下がった内容を送れば、彼は急にあなたのことを意識せざるを得ない状況に。

9. デートに誘う時は具体的な日程は言わない

自分からデートに誘うのは、恋愛において効果的ではありますが、つい「いつにする?」と焦って空回りしてしまいがち。誘う時は「今度一緒に〇〇できたらいいね」という風に“いつ”の部分を曖昧にするのがオススメ。

こうすることで、相手にとって強すぎない「押し」となるので重くはなりませんし、相手にとって誘いやすい空気を作り出すことができます。気があるのか社交辞令なのか、相手をちょっぴり惑わせてみてはいかが?

10. 距離は近くしつつ真面目な話をする

例えば、カウンター席で会話をする時お互いの距離が近くなりますが、この時会話の内容をあえて真面目なものにすることで、「押して引く」のギャップ感が自然と生まれます。これは、恋愛においてとても効果的。

身体の距離が近いと普通の男性は「これはいい雰囲気だな」と思いがちですが、ここで恋愛トークではなく仕事などの真面目な話をして「引く」ことで、男性側は帰宅後に「あれはなんだ?」と気になってしまうはず。

“引きのポイント”をしっかりつかもう♡

せっかく彼といい関係に近づいても、その後上手く進まないのは“引きが足りない”可能性大!押しだけでなく引きのタイミングをしっかり意識して、彼のハートをゲットしちゃいましょう♡

記事に関するお問い合わせ