無料の会員登録をすると
お気に入りができます

毎日が心地いい。「シンプルな暮らし」を叶える8つのヒント

バタバタと忙しい毎日で、ストレス買いしてしまったり掃除が行き届かなかったり…。気づけば物があふれて散らかった家になっていませんか?そこで、忙しい人でも始められる!ストレスフリーの「シンプルな暮らし」を叶えるヒント、まとめました。

2017年8月
ライフスタイル

「シンプルな暮らし」を叶えるヒント

物があふれて散らかった空間では疲れを癒せないばかりか部屋にいるだけで大きなストレスの原因に。そこで、忙しい方でも始められる、ストレスフリーの「シンプルな暮らし」を叶えるためのヒントをまとめました。

1.まずは身の周りを見渡してみる

バタバタ忙しい毎日を送っていると、ストレス買いしてしまったり掃除が行き届かなかったり…気づけば、物があふれて散らかった家になっていた!なんて経験ありませんか?

2.1年使っていない物は手放す

手放すものの判断基準ですが、「1年使っていないもの」といったはっきりとしたルールを設けるのがおすすめ。1年以上使ってない物は日常的に必要がないもので、実際、今後使わない確率がとても高いです。

仮置き場を設置する

処分するかしないか、すぐに判断を下させないものは「仮置き場」を作って様子をみましょう。いつまでも仮置き場に残しておくのはNGなので期限を決めるのを忘れずに!

3.1つ買ったら1つ手放す

新しい物を1つ手に入れたら、古い物を1つ処分しましょう。新しい物は暮らしを活性化してくれますが、古い物を残したままだと生活空間が狭くなり、収納管理の手間が増えるため、ストレスの原因となってしまいます。

4.収納グッズを買い足さない

整理整頓・掃除のために収納グッズを買い足す方もいますが、それは逆に物が増えてしまうためNGです。生活空間が圧迫され、家が狭く感じられる原因となります。

ゆりんご|住まいコーディネーター on Instagram: “おはようございます! 今週は押入れ収納見直しの続き👩‍🔧  #無印良品 の #ポリプロピレン収納ケース を並べてみました✨  ちょうど #無印良品週間 もやっていますね! せっかくなので、わが家も収納を考える週間にします🤔 …”
instagram.com

収納スペースが足りないと感じたら、まず捨てることからはじめましょう。どうしても収納グッズが必要な場合は、まずは家にある空き箱や紙袋を使ってみましょう。

記事に関するお問い合わせ