無料の会員登録をすると
お気に入りができます

愛犬からの『愛され度チェック』項目5選!あなたはどれくらい愛犬から想われてる?♡

日頃から愛犬に愛情を注いでいるつもりでも、実際に愛犬から愛されているのか確信が持てないと思っている方!今回は、愛犬からの『愛され度チェック』をしてみませんか?愛犬からどれくらい想われているのかチェックしてみましょう。

ペット

『愛され度チェック』…愛犬からどれくらい想われてる?

皆さんは愛犬からどれくらい愛されていると感じますか。今回は、簡易的な『愛され度チェック』項目を用意しました。下記にある5つの項目の内、3つ以上当てはまれば、とても愛されている証拠です。皆さんはいくつ当てはまりますか。

1.名前を呼ぶとすぐに反応してくれる?

愛犬の名前を呼んだとき、愛犬はどのような反応を見せてくれますか。すぐに顔を上げ、こちらを振り返ったり、呼ばれた瞬間立ち上がって近寄ってきたりする場合は、飼い主のことが大好きな証拠です。

「大好きな飼い主さんに呼ばれた!」「遊んでもらえるかも!」と、大好きな飼い主と一緒に過ごせることを期待している反応です。

反対に名前を呼んでも無視したり、チラッと視線を向けるものの、「フンッ」と短いため息をついて見せたりする場合は、あまり愛情が感じられません。「今休んでるから後にして」と思っている可能性があります。

2.外出時には落ち着いている?

犬にとっての愛情は、信頼と似ています。したがって、愛犬から信頼されている飼い主は、愛犬に愛されていると言えるのです。

飼い主のことを信頼している犬は、飼い主が外出しようとしても落ち着いて見守ることができます。これは、飼い主が外出したとしても、必ず帰ってくると確信を持っているために、不安にならないからです。

反対に、飼い主に対して心の底から信頼できていない犬の場合、飼い主の外出を邪魔しようとしたり、問題行動を起こしたりします。まずは「絶対に帰ってくるよ」という信頼関係を築くことから始めましょう。

3.帰宅時に嬉しそうにこちらを見てくれる?

飼い主さんが家に帰ったとき、飼い主が帰ってきたことに気付き、嬉しそうにこちらを見たり、駆け寄ってきたりしますか。犬は飼い主が必ず帰ってくると確信を持っていても、いない間は寂しい思いをしているため、飼い主が帰ってきた事実に大喜びする犬が多いです。

反対に、飼い主が帰ってきても無視したり、興味なさそうな態度を見せている場合は、飼い主が帰ってきても「帰ってきたのか」程度にしか感じていないため、少し愛情度が低い可能性があります。

しかし、これは犬にも個体差がありますので、普段から落ち着いた態度を見せている犬は、あまり態度に出さないこともあります。それでも、尻尾や目の輝きなどに変化が表れているはずですので、そちらもチェックしましょう。

4.飼い主の指示をきちんと聞ける?

皆さんが「待て」「お座り」などと指示を出すと、愛犬はしっかり指示を聞き、従ってくれますか。犬は大好きな人に褒められたいという思いが強いので、大好きな人からの指示は、きちんと学習していれば基本的に従います。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ