無料の会員登録をすると
お気に入りができます

離乳食、こんなふうに食べてない?ありがちな食事中のNG姿勢&行動 [専門家]

子育て
www.gettyimages.com

離乳食を食べているとき、赤ちゃんは正しい姿勢で座れているでしょうか?実は食事中の姿勢が、赤ちゃん・子どもの口の動きや食具の使い方などの食に関する発達に影響を及ぼしているのです。
そこで、長きにわたり乳幼児栄養指導を行っている管理栄養士の太田百合子先生に、食事のときの正しい姿勢と椅子の選び方について、聞きました。

冒険派タイプ・慎重派タイプ、赤ちゃんのタイプでも離乳食の進め方は変わる【専門家】

知っていますか?赤ちゃんの体に合った椅子選びが大切な理由

食べるとき、人間はあごの筋力全体を使って口を動かします。これは、正しい姿勢で食べるからこそできることです。椅子が赤ちゃんの体に合っておらず、姿勢が崩れた状態では、うまくあごを使うことができず、食べることに集中もできません。すると、しだいに食の興味が持てなくなってしまう心配も出てきます。

さらに、顔が上向きの姿勢では丸飲み、下向きならかき込むような食べ方になり、誤えんにつながります。

正しい姿勢で食べるために必要なのは体幹の安定です。体幹を安定させるには、赤ちゃんの体に合った椅子選びが大切なのです。

こんなふうに食べてない?ありがちな食事中のNG姿勢&行動

□ほおづえをついている
□背筋が伸びていない
□足が床や踏み台につかず、ブラブラしている
□すぐに立ち上がる

上の項目に1つでも該当するものがあれば、食事どきの姿勢と椅子を確認してみましょう。

【離乳中期・7~8カ月ごろ】足底がしっかり床か踏み台についていることが大事

離乳食の進み具合が気になったら、食事中の姿勢を見直してみましょう。離乳食のとき、椅子に正しい姿勢で座っているでしょうか?離乳中期(7~8カ月ごろ)の赤ちゃんのお食事椅子の選び方は3つチェックポイントがあります。

【チェック1】ベルトやガードはついているか

このころの赤ちゃんはまだ座った姿勢を維持しにくく、赤ちゃんの体をベルトやガードで支えていないと、下へずり落ちてしまいます。

【チェック2】背もたれと背中が離れすぎてないか

背もたれと背中が離れていると、背筋が伸びた姿勢を維持できず、背もたれに寄りかかろうとします。そのため、姿勢が崩れる原因に。

【チェック3】足底が床や踏み台につかず、ブラブラしてないか

食べ物を舌で押しつぶしながら食べる時期。あごや舌に力を入れるには、足底が地につき、しっかり踏みしめられていることが大事です。

【離乳後期以降・9カ月ごろ以降】手づかみ食べする時期。自由に手が動かせるか確認を

離乳後期以降は、大人と同じテーブルについて大人と一緒に食べることも出てきます。その際はテーブルの高さを考える必要があります。離乳後期(9カ月ごろ以降)の赤ちゃんのお食事椅子の選び方は4つチェックポイントがあります。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ