無料の会員登録をすると
お気に入りができます

髪が痛まないヘアアイロンの使い方&おすすめ商品10選

ヘアスタイル

髪が傷まないヘアアイロンのおすすめ使い方テクニック

髪はしっかり乾かしてからヘアアイロンを使おう

髪が濡れたままヘアアイロンを使うと、しっかりとカールがつかないだけでなく、髪にも大きなダメージを与えてしまいます。ヘアアイロンを使う前に、髪はしっかり乾かしましょう。

ヘアアイロンを使うときはスタイリング剤を忘れずに!

スタイリング剤は、ヘアアイロンで作ったカールを長持ちさせるだけでなく、髪をヘアアイロンの熱からしっかり守ってくれる大切なアイテム。ヘアアイロンを使う前に、必ずスタイリング剤を使いましょう。

ヘアアイロンの温度が高すぎるのは要注意!

ヘアアイロンの温度が高すぎると、髪へのダメージが大きすぎて、髪を傷める原因になる場合も。温度調節ができるヘアアイロンは、設定する温度に注意しましょう。

一箇所に長く当てすぎるとダメージ大!

しっかり髪を巻きたいからと、同じ部分に長時間ヘアアイロンをあてていませんか?同じ部分に高い熱を加えすぎると、髪にも大きなダメージを与えてしまいます。

1度でキレイに巻けるように練習しよう

キレイな巻髪を作るのには、練習が必要です。
まずは電源オフの状態で、ヘアアイロンの動かし方を練習し、上手に動かせるようになったら、低い温度から少しずつ試していくのがおすすめですよ。

髪が傷まないヘアアイロンの上手な選び方とは?

ヘアアイロンのプレートの素材を必ずチェックしよう

ヘアアイロンのプレートには、様々な素材が使われています。
一般的に髪の摩擦によるダメージが一番少ないのはテフロン加工。
髪を傷めにくい素材が使われているのかどうか、購入前に必ずチェクしましょう。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ