無料の会員登録をすると
お気に入りができます

ベッドで5分の快感♡忙しい時こそやるべき「ほぐしストレッチ」

忙しい時こそ取り入れてほしい「ほぐしストレッチ」をご紹介していきます。身体がぐーっと伸びてとっても気持ち良いですよ。ストレス解消にも最適です。ぜひ朝晩2回行ってみてください。

2017年8月
美容

忙しいと身体はガチガチに…

忙しい日々に追われ、自分を労わる暇もないというあなた。筋肉はガチガチに凝り固まり、血流も悪化しているはず。身体はとっくに悲鳴を上げていますよ!

労わる時間を作りましょう♡

そのままでは疲れは溜まっていく一方。むくみや冷えも悪化し、美容と健康にとっても良いはずがありません。短い時間でも良いので、日々ストレッチを取り入れるようにしましょう。

身体がほぐれると、血液やリンパの流れが良くなり疲労が溜まりにくくなります!ストレスも減り、イライラすることも減るはず。

ここからはベッドの上で、誰でも簡単に出来るストレッチをご紹介していきます。

気持ち良い♡ほぐしストレッチ

わずか5分程度で出来る内容になっているので、朝起きた時と夜寝る前の1日2回取り入れるのがおすすめです。疲れ具合が断然変わってきますよ!リラックス効果も抜群です♡

①両膝を抱える

仰向けに寝て、両膝を胸の前で抱えるようにします。目を閉じたままでもOK。腰を軽く丸めて優しく体を目覚めさせていきます。3~5呼吸キープしてみて。

②股関節を開く

今度は右足の膝を外側に向けて、左太ももの前にかけます。その状態で両手を左太もも裏に回し、胸の方へぐーっと引き寄せましょう。ゆっくり股関節をほぐしていきます。左も同様に3~5呼吸キープ。

③腰をひねる

両膝を離したら、膝を立てた状態で足を揃えます。両手を左右に大きく広げ、両膝を右に倒しましょう。顔は膝と反対側へ倒し、腰をツイストしていきましょう。右も同様に各3~5呼吸程度を目安に。

④首・背中・腰を反る

だんだんと身体が起きてきた頃ですね。うつ伏せになり、肘から下の前腕もしくは両手をベッドにつき、体を反らせていきます。胸を開き、首~腰まで全体をほぐしていきましょう!3~5呼吸キープします。

⑤背中・腰を丸める

思いっきり反った後は、足を正座のようにし体重を後ろにかけ腰を下ろします。優しく背中を丸めるイメージです。3~5呼吸を目安にしリラックスしましょう。気持ちが良い場合は、長めにキープしてみて。

⑥上に向かって伸びる

足を前後に楽に組み座ります。座りにくい場合は、お尻の下にクッションやタオルをしきましょう。息を吸いながら両手を上まで上げて、ぐーっと脇腹を伸ばします。3~5呼吸キープし、吐く息で手を下ろします。

⑦脇腹を伸ばす

吸う息で両手を上げ、吐く息で右手をベッドにつき、左へ体を倒します。目線も天井へ向けてみましょう。左右各3~5呼吸行えば完了です!

夜は反対順で行えばOK!

就寝前に行う時には、反対の順番で行いましょう。1日働いて固まってしまった筋肉をほぐしてあげることで、スムーズに眠りにつくことができますよ。

スマホから目を離し、電気を暗くした状態で行ってみてください。ストレス解消に最適。身体の緊張をほぐしてぐっすり眠れれば、翌朝もすっきり起きられますよ!

不調のないしなやかボディに♡

忙しくて身体のケアを何もできていないという方は、簡単なストレッチを取り入れてみてください!わずか5分でも快適さが変わってきますよ。日頃からもっと自分を労わる習慣をつけましょう♡

記事に関するお問い合わせ