無料の会員登録をすると
お気に入りができます

不調を感じたら。アラサーが守るべき、身体のための「7つのルール」

アラサーになり、不調を感じているというみなさん。もっと快適に生きるために、今こそ健康について考えてみませんか?ここでは健康になるためのちょっとしたルールをご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

2017年8月
美容

何だか不調が続いている

疲労感、眠気、めまい・・・

仕事やプライベートが充実してくるアラサー世代。まだまだアクティブに動ける一方で、何だか体がだるい、疲れが抜けない、めまいがするといったような不調に悩まされていませんか?

そろそろ健康を考えるべき

そろそろ自分の体のことをしっかりと考えるべき時なのかもしれません!そうすれば、辛い不調から解放されるかもしれませんよ。

年齢のせいだからと諦めるのではなく、出来ることからでも始めてみましょう。5年後、10年後のためにも大切なことです。

1.朝すぐに起き上がらない

朝、目が覚めたらすぐにベッドから起き上がって活動開始!一見、アクティブで良いことのように思えますが、実は血圧が急上昇してしまうので身体にとってあまり良くありません。

まずはベッドの中で身体を伸ばすなど軽いストレッチをして、十分に身体を目覚めさせてから起き上がるようにしましょう。体も温まり、スムーズに動けるようになりますよ。

ベッドで5分の快感♡忙しい時こそやるべき「ほぐしストレッチ」

忙しい時こそ取り入れてほしい「ほぐしストレッチ」をご紹介していきます。身体がぐーっと伸びてとっても気持ち良いですよ。ストレス解消にも最適です。ぜひ朝晩2回行ってみてください。
5955

めまいが起こる人は要注意

起きたてにクラクラとめまいを感じたことがある方は、特に時間をかけて身体をほぐしてから起き上がりましょう。

寝ている間には血圧は低くなっている状態です。いきなり起き上がるのは危険ですよ。

2.太陽の光を浴びる

不調を感じるのは体内時計が狂い、自律神経が乱れてしまっていることが原因かもしれません。夜、上手く眠れないという方はそのケースを疑ってみても良いかも。

朝はしっかりと太陽の光を浴び、正しい体内時計を取り戻しましょう!太陽の光を浴びると気持ちのもやもやも軽くなるかもしれませんよ。

休日の眠りすぎに注意!

体内時計を崩さないためには、休日でも朝きちんと起きることが大切です。ゆったりしたいときでも寝坊は平日の起きる時間プラス1~2時間程度にしておきましょう。

そうすることで、週7日ムラのない体調を保つことができます。休日は昼まで寝ているという方は早速見直してみて。

3.冷たい飲みものを避ける

むくみや肩こり、疲労感、免疫力の低下などあらゆる不調の元となるのが“冷え”です。暑い夏はつい冷たい飲み物を一気に飲んでしまいがちですが、それが冷えの原因になっていますよ!

冷たすぎる飲み物は飲まないようにして、水やお茶は常温もしくは温めて飲みましょう。習慣になるまではなかなか難しいかもしれませんが、身体のためだと思って続けてみましょう。

お腹を温めよう

内臓冷えを防ぐために、外からも温めてあげましょう。秋冬には腹巻きをかかさないなどの気遣いが大切です。

それだけで繰り返す下痢や便秘から解放されるケースもあります。内側からも外側からもお腹を冷やさないことを徹底しましょう。

4.合わない靴を履かない

合わない靴を履いていると、骨盤の歪みに繋がってしまいます。ひいては全身の歪み、肩こりや首こり、倦怠感の原因に。スタイルも悪化してしまうので注意したいところです。

サイズが合っていなかったり、足が痛くなったりするような靴とはさよならしましょう。大人女性なら少しくらい高価でも、自分にしっかり合った靴を何足か持っておくべきです。

歩き方にも注意!

合わない靴を長年履いていた方は、歩き方もおかしくなってしまっているかも。靴の裏を見てみて、かかとだけorつま先だけ、外側だけor内側だけすり減っているとしたその可能性は大です。

体型崩れを防止するという意味でも、自分に合った靴を履き、姿勢よく歩くようにしましょう。

5.食べ過ぎない

現代人の多くは食べ過ぎの傾向があると言われています。あなたもその一人かもしれません!いつも胃腸がフル活動している状態だと、疲れやすくなってしまいます。

食べ過ぎて身体が重い、頭が働かないという経験がある方も多いのでは?消化不良を起こせば、胃痛や胸やけ、吐き気にも繋がってしまいます。アラサーになったら、腹8分目を徹底するようにしましょう!

太る原因にも

代謝は年々落ちているにも関わらず、以前と同じように食べていると当然太ってしまいます。食べ過ぎは健康面だけでなく、美容面でも良くないことなのです。

美しく年を重ねるためにも、適量を食べるようにしましょう。外食時や友達といる時などには特に気をつけて!

6.週1回は体を動かす

不調が多いあなた。運動から遠ざかっていませんか?日頃から運動を習慣にしている人は体力がありエネルギッシュです。運動で冷えやむくみといった症状が緩和されることも期待できます。

アラサーになった今こそ、週に1回は身体を動かすようにしましょう。慣れてきたら週2、3回と回数を増やしてみて。筋肉量が増えれば、疲れにくい身体を手に入れることができますよ。

お散歩でもOK!

良いことだとは分かっていても運動は苦手だという女性も多いはず。それなら、週1回長めのお散歩を実行するだけでもOKです!

歩く時は出来るだけ大股で速めに歩いてみましょう。大変なトレーニングを3日で辞めてしまうより、軽い運動を長く続けていくことの方がずっと大切です。

7.リラックスタイムを作る

身体の不調は自立神経とも深い関係があります。忙しい日々に追われリラックスすることを忘れていると、どんどん自立神経が乱れていってしまうので注意が必要です。

5分でも10分でも良いので1日1回はリラックスする時間を作りましょう。イライラが止まらないという方には特におすすめです。

目を閉じて深呼吸してみよう

入浴やアロマ、ストレッチなどリラックス方法はいろいろとありますが、簡単かつしっかり効果を得たいなら深呼吸がおすすめです。目を閉じて深い呼吸をするだけでも、自立神経を整えることができます。

深い呼吸で酸素をたくさんとりこめれば疲れもスッと軽くなります。「1、2、3・・」と呼吸の数を数えながら行い、呼吸だけに集中してみましょう。

健康ルールで不調知らずになろう♡

アラサーになったら身体のことを考えて、もっと自分を労わってあげましょう。このルールをしっかり守れば、悩ましい不調にさよならできるかも。思い立った今が始め時です♡

記事に関するお問い合わせ