無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おしゃれ部屋の必需品。自分好みのラグ&マットをDIY!

お店で気に入ったラグやマットが見つからなければ、自分で作ってみませんか?どこにでもある材料と簡単な作業だけで、インテリアのアクセントとなる1枚が完成するんです。

2017年8月
DIY

お洒落なラグを手作り♡

存在感のある素敵なラグやマットは、お洒落なお部屋作りに欠かせませんよね。ピンとくるものがお店になければ、自分で作ってみませんか?色もサイズも、パーフェクトに好みのものが手に入りますよ。

ロープをくるくる巻くだけで完成!

汚れにくいから玄関にぴったり

まず最初に、玄関で使えるマットの作り方をご紹介します。太めの麻ロープを使えば、ナチュラルテイストのインテリアにぴったり。しかも汚れが目立たないので、いつでも玄関がお洒落に見えますよ。

接着剤を塗りながらロープを丸めていくだけなので、複雑なテクニックは一切必要ありません。そのままではマットが床の上で滑ってしまうので、裏に目の粗い麻の布や滑り止めマットなどを貼りつけておいてくださいね。

Pin it
ピンもと: 204park.com
1

太いロープは素足で踏むとチクチクするので玄関や屋外向きですが、細めの紐で作ればお部屋の中でも使えます。麻素材だけでなく、コットンやナイロンなどでも良さそうですね。

バスタオルをリメイク!

洗濯機で洗えるお洒落マット♡

お風呂上がりに使うマットは洗濯機で洗えてすぐ乾くものがベストですが、タオルをそのまま敷くだけでは生活感が出てしまいますよね。バスタオルを再利用して、使いやすくてお洒落なバスマットを作っておきましょう。

0:04~ タオルを細く切って三つ編みにします

バスタオルを約3cm幅で縦にカットして、折り返し部分を切り落としておきます。3枚を重ねて軽く縫い合わせたら、1枚ずつ三つ折りにして待ち針で留めましょう。これを三つ編みにします。

0:36~ 三つ編みを丸めて縫い合わせれば完成!

端まで編んだら更にタオルを足して、全て使い切るまで編んでくださいね。①のロープマットと同じようにくるくると丸めて、つなぎ目を縫い合わせれば完成です。

お部屋が可愛くなるポンポンラグ

インテリアグッズにもアレンジできる!

お部屋に少しだけ可愛らしくしたいときは、ポンポンを集めたラグがおすすめ!ポンポン作りに少し時間がかかりますが、汚れた部分だけを取り換えられるので長く使えますよ。

キッチンペーパーの芯など筒状のものを2つ用意し、毛糸を90回巻きつけます。中心を結んで輪になっている部分をカットすれば、ポンポンのできあがり。これを滑り止めマットに結びつけるとラグになります。

滑り止めマットではなく布に縫いつければ、クッションカバーやひざ掛けも作れます。カラフルに仕上げると、お部屋全体の印象がパッと明るくなりますよ。

フラフープがDIYにお役立ち!

くぐらせるだけで高クオリティな作品に

エクササイズのために買ったフラフープを持て余していませんか?いらなくなったTシャツを引っかければ、綺麗な円形のラグができあがるんです。

0:25~ Tシャツをカットしてベースを作ります

大きめのTシャツを横にカットした輪を8本、放射状になるようにしてフラフープに引っ掛けます。同じようにほかのTシャツもカットして、中心部分に結びつけてから放射線の上下を交互にくぐらせていきましょう。

1:17~ Tシャツを足してさらにくぐらせます

足りなくなったら次のTシャツと結び合わせて、さらにくぐらせます。お好みのサイズになったらフラフープに引っ掛けた部分をカットし、端を結んでおいてくださいね。

スイカモチーフが派手カワ♡

お部屋を夏らしさをプラス

お部屋に夏らしくて少し派手なアクセントを加えたいときにぴったりなのが、スイカ柄のマット。カラースプレーで既製品をペイントするだけで、簡単に作れますよ。

0:39~ 全体をペイントしてから厚紙をカットしておきます

円形のマットを半分にカットしたら、カラースプレーで全体を白くペイントします。目印になるように、端から約5cmの位置にテープを貼っておいてくださいね。厚紙を約20cm幅にカットし、目印部分に置きます。

1:22~ スイカをイメージしてペイント!

厚紙でカバーしながらテープの内側を赤のペンキで二度塗りし、次は外側をグリーンでペイントします。残りの厚紙に種を描いてくり抜いたら、マットに当てて黒で塗りましょう。

模様替えがもっと簡単に♡

カーペットを取り替えるのは大変ですが、ラグやマットだけなら1人であっという間にお部屋をイメチェンできます。季節にあったものを敷いておくだけで、インテリアがグッと垢抜けますよ♡

記事に関するお問い合わせ