無料の会員登録をすると
お気に入りができます

おこもり旅にぴったり!レイトチェックアウトが叶うホテル4選[東京都]

旅行・おでかけ

旅のスタイルが変化するなか、「宿での滞在時間をいかに楽しむか?」ということは、ますます重要になってきました。そこで注目したいのは、チェックアウト時間が12時以降だったり、レイトチェックアウトプランがあったり、出発当日もゆっくり過ごせるホテル。朝食やブランチ、散策やスパなど、いつも以上に充実したホテル時間を楽しめます。

12時まで朝食が楽しめる「sequence MIYASHITA PARK」

まずは、2020年8月にオープンしたばかりの「sequence MIYASHITA PARK」。基本のチェックアウト時間が14:00と遅めなのに加え、「エニータイムブレックファスト」として、12:00まで朝食を楽しめるが大きな特徴です。

午前中からお昼にかけては、MIYASHITA PARK内にある商業施設「RAYARD」でショッピングをしたり、渋谷の街を散歩したり。たっぷり楽しんだ後に一度部屋に戻り、ひと息ついてからチェックアウトができます。

また、開放的なロビーラウンジ、顔認証でのセルフチェックインなど、3密や接触を回避できる環境が整っていて、まさに今の時代にぴったりな次世代型ライフスタイルホテルです。

◆sequence MIYASHITA PARK
住所:東京都渋谷区神宮前 6-20-10 MIYASHITA PARK North
電話:03-5468-6131
時間:チェックイン 17:00、チェックアウト14:00
アクセス:東京メトロ「渋谷駅」B1出口より徒歩約3分

朝の雲海は、宿泊者だけが見られる特別な風景!「ホテル椿山荘東京」

「ホテル椿山荘東京」では、10月1日から始まった国内最大級の霧の庭園演出「東京雲海」が話題。ライトアップされた幻想的な雰囲気も素敵ですが、朝の神々しいような雲海は、宿泊者だけが見られる特別な風景です。

イチオシは、13:00チェックアウトのブランチ付きプラン。朝は、雲海が広がる静かな庭園を散策してリフレッシュ! その後、部屋に戻ってブランチをいただきます。チェックアウトまで時間があるので、ホテルスパを利用する方も多いのだとか。

チェックアウト後は、東京のホテルで初めてアフタヌーンティーを提供したと言われるロビーラウンジ「ル・ジャルダン」で、紅茶とスコーンを楽しむのもおすすめ。日英の魅力をたっぷり堪能できる時間になりそうです。

◆ホテル椿山荘東京
住所:東京都文京区関口 2-10-8
電話:03-3943-1111(代表)
時間:チェックイン15:00~21:00 チェックアウト:12:00
アクセス:東京メトロ 有楽町線「江戸川橋駅」1a出口より徒歩約 10分

朝食には安心かつ贅沢なルームサービスを!「グランドニッコー東京 台場」

台場駅直結で、レインボーブリッジや東京タワーなど、東京ならではの眺望が自慢の「グランドニッコー東京 台場」。基本チェックアウトが12:00のため、どのプランでも午前中の時間をのんびりと過ごせます。

朝食は、ほかのお客さんとの接触や席の混み具合を気にしなくて済むルームサービスがおすすめ。American Break Fastか和定食のどちらかを選べますが、迷った時は各々で1つずつ頼んで、両方楽しむこともできます。特にAmerican Break Fastのメインの卵料理は、ホテルのシェフが丁寧に作る必食のひと皿!

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ