無料の会員登録をすると
お気に入りができます

早起きしたくなる、朝だけの楽しみが待つレトロな街並み4選

旅行・おでかけ

旅は、朝の時間が充実しているとその日1日を気分良くすごせるもの。今回は、早朝に歩く楽しみがある全国のレトロな街並み4選をご紹介します。昼間は活気がある街も、多くの人が活動を開始していない朝は、また違う趣を感じられます。特に秋から冬の朝は空気が澄み、街には特別な時間が流れているのを感じられるはず。歴史を感じるレトロな街並みに旅情を感じながら、朝だからこそ体験できる、その土地ならではのお楽しみを体験してみてはいかがでしょうか。

Text:ART&旭

「小江戸は川越ばかりなり」と言われた街並みを朝散歩(埼玉・川越)

町の中心地には現在も白壁の蔵屋敷が立ち並び、往時をしのばせる街、川越。特に朝の時間はこのレトロな空間を静かに楽しみたい人にはピッタリです。

通りから1本入った路地にあるのが町のシンボル「時の鐘」。1日4回鐘を鳴らすのですが、おすすめは早朝の午前6時。街並みに時代を感じる鐘の音が響くと、小江戸の街が目を覚ます清々しさを感じます。

◆一番街の蔵造りの町並み
住所:埼玉県川越市仲町
アクセス:JR・東武川越駅から徒歩約20分、西武本川越駅から徒歩約10分
(駅から仲町交差点付近まで)

◆時の鐘
住所:埼玉県川越市幸町15-7
アクセス:JR・東武川越駅から徒歩約25分、西武本川越駅から徒歩約15分

問い合わせ先:小江戸川越観光協会
電話:049-227-8233

また、少し散歩の足を伸ばすなら川越氷川神社へ。朝に無料で配布が行われる1日限定20体の“縁結び玉”は良縁に恵まれるとして人気があります。ぜひ早起きして手に入れましょう。

◆川越氷川神社
住所:埼玉県川越市宮下町2-11-3
電話:049-224-0589
拝観時間:閉門等がないため基本的に参拝自由
※社務所は8:00~18:00

北の商都でいただく贅沢朝ごはん(北海道・小樽)

明治以降、北海道の玄関口となり「北のウォール街」とも呼ばれる発展を遂げた小樽。市街地に残る重厚な石積みの建物群は、現在も小樽の歴史の語り部となっています。

この歴史的な建物が並ぶ通りの風景を静かに楽しみたいなら早朝がおすすめ。かつてヤン衆(ニシン漁などに従事していた男性たち)の声で賑わった運河周辺では、朝の静けさの中にも当時の面影を感じます。

オリジナルサイトで読む
記事に関するお問い合わせ